舞台は世界的に有名な大自然パタゴニアへ。

ここエルカラファテは、そのパタゴニアを代表する氷河、ペリト・モレノへの玄関口。美しい大自然の中にある都は、グルメレストランとツアー会社、トレッキング用品店が立ち並ぶ活気ある街。

この街で僕が宿泊した宿と、立地条件からオススメの宿をご紹介。ちなみにパタゴニア界隈は全てが高額になります。

Vientos del Sur

Hotels.com出典

僕らがカラファテに到着した時に予め探しておいた宿。はっきり言ってオススメするまでには至らない宿。というのも立地条件が悪すぎる。カラファテの宿は中心地から外れるほど安くはなるけど、ここは遠すぎ。

僕らは歩くのが好きだったので近道を見つけて割と楽しめたけど、値段の割に部屋も大したことないし、特別このホテルを予約する必要もない。

プラスの要素としては、お湯がバッチリなことと高台のため景色が良いことくらい。

一応、宿泊した宿なので参考までに。


[料金] ①755ペソ(¥4,900)ツイン、バストイレ付き。※シーズンによって変動。
※値切り交渉不可。カード不可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら

TerrazaCoirones Hotel 

Booking.com出典

多分、カラファテではコスパ最高峰のホテル。

街の中心地からは2.7キロほど離れている立地条件のためマイナス的要素もあるけど、この価格とクオリティなら文句は出ない。僕らはいつものスタイルで予約せず伺ったけど予め予約してないと、べらぼうに高いので諦めた。中に入った瞬間、ここに泊まりたいと思った。

すぐ目の前に、スカイブルーの湖が広がっていてその眺望は圧倒的。朝食時なんかは最高だと思う。

Booking.com出典

部屋も見せてもらったけど、綺麗で埃っぽさとかはなかったよ。

Booking.com出典

宿泊客も、欧米人が多かった。カラファテの中ではトップクラスのオススメ宿。宿泊の際は必ず予約した方がいい。

ちなみに周辺の治安は良い。街で遅くなって帰宅しても、さほど心配はない。ただ、野良犬は多い。


[料金] ①505ペソ(¥3,300)ツイン、バストイレ、バスタブ付き。※シーズンによって変動(直近はかなり高額)
※値切り交渉不可。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら

BlaGuesthouse

Booking.com出典

こちらは、日本人の旅人に人気の宿。一人旅の日本人が利用していた。もちろんダブル、ツインの部屋もあるしキッチンも使えるので自炊を求める旅人にはいいかも。

ホテル、ホステルとも違ってまさしく「ゲストハウス」と言う感じのもの。しかしながら、部屋は綺麗で広い。しっかりプライベートも守られている。

Booking.com出典

さらに特筆すべきは立地面。中心地から、この距離で、この価格はお値打ちどころ。カラファテ特有のシーズンによって価格が変わることもあまりない。どんな時期でも候補に入るオススメ宿。


[料金] ①648ペソ(¥4,200)ツイン、バストイレ。※シーズンによって若干変動
※値切り交渉不可。カード不可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。ドミトリーあり。

この宿の詳細は→こちら

El Puente Aparts

Booking.com出典

最後はこちらのホテル。ホテルというかログハウス。一軒一軒が独立していて、キッチンも完備。庭ではバーベキューができるとのこと。

booking.com出典

特筆すべき点は、街のど真ん中に位置する最強立地。僕らも何度も目の前を通って「ここ超いいね!」と常に話していた。まあ、凄まじくお高いと思いきや、そうでもない。

時期とタイミングを見計らえば、さほど高額ではない宿泊費で利用できる。キッチンを利用して食費を抑えれば、射程圏内ではある。僕らも、そのように考えて問い合わせたけど数日先まで、全ての部屋が埋まっていた。宿泊の際は必ず予約が必要な宿。エルカラファテを一味加えて楽しみたい旅人にオススメ。


[料金] ①965ペソ(¥6,240)ツイン、バストイレ付き、バスタブ付き。※シーズンによって変動
※値切り交渉不可。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。

この宿の詳細は→こちら