ボリビアから入国してくるなら、立ち寄るべき街サルタ。セレブに人気の雲の列車を目的に、世界中から観光客がこの街に集まる。

ここの一番の目玉はワインと料理、そしてタンゴだ。サルタのワインは世界的に有名で地元産のワインは上質な上に激安で飲める。治安も中心地は非常に安定している。

ただ野良犬が多い印象。しかしながら狂犬病クラスの犬は、ほぼいないに等しいので安心して大丈夫。それでは僕が宿泊した宿と、立地条件を元にオススメ宿をご紹介します。ちなみにサルタは全体的に宿代が高めです。

※サルタの治安情報【地図付】→こちら

Hotel Elena

Booking.com出典

僕らはボリビアからトラブル続きで、サルタに到着したのは23時を超えていた。それから探してたどり着いた宿がこちら。正直、紹介できる宿かというと微妙なライン。というのも高すぎる。

特筆できるのは立地条件。それとホテルの作りも可愛くて清潔感は言うまでもなく素晴らしい。サルタは基本的に宿代が高くなることを考えると、値切りが成功したらコスパ的にボーダーラインギリギリのホテル。交渉には応じてくれるので、飛び込みが得策かも。


[料金] ①1350ペソ(¥8,700)ツイン、バストイレ付。→950ペソ(¥6,100)※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉可。シングルあり。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら

 

Ferienhaus(フェリエンハウス)

Tripadvisor出典

こちらはサルサでは割と有名なホステルで、その立地環境と格安な宿泊費で多くの旅人を集める宿。洗濯もでき料理もでき長期滞在者に向いている。点在する場所はセントロ(街の中心)のど真ん中。

サルタで何を目的にするかによるけど、前述したようにこの街では食とワインとタンゴがオススメ。となると、様々なお店が連なる中心地という好立地で、この価格は人によってはドンピシャでしょう。


[料金] ①470ペソ(¥3,000)ツイン、バストイレ共用。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉可。ドミトリーあり。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら

 

Espacio Mundano

Booking.com出典

最後はこちらのゲストハウス。宿泊費としては少々値が張るけど、泊まる価値のある人気宿。全室が芸術と装飾で施されたハウスギャラリーのような内装は、訪れる旅人を幸せな気持ちにしてくれる。

またホストの評判も非常に良く、朝食も好評。立地条件も申し分なく清潔なこのホテルは、値段以上の価値がありそう。


[料金] ①725ペソ(¥4,680)ツイン、バストイレ付き。※シーズンによって変動。
※値切り交渉不明。カード不可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら