キューバ、特にハバナではホテルが異様なほど高額で長期の旅人にはハードルが高すぎる。そんな中、旅人を支えるのが民家の一部屋を貸し出す「カサ」。今回、僕がハバナで宿泊したカサは二つ。

カサ(民泊所)である事を示すマーク

しかし残念ながらどちらの宿も居心地がよかったが、紹介するまでには至らない。と言うのも「カサ」は現地で実際に見て決めるのが一番良い。そのためキューバ、ハバナの安宿について僕が知りうる情報のみ書いておきます。

 

日本人に人気の宿は情報のみもらおう


ハバナには4つ日本人宿があるけど、有名なのは「ヨハンナの家」「ホアキナの家」の家。この2つに僕は行ってみたが、どうしても宿泊する気になれなかった。

というのもドミトリー形式だが口調設備の伴わない部屋で、どの宿も湿気がすごく、さらには「沈没組」と言われるような長期滞在者がどの宿にも根付いている。全ての行動を共にし、全て共通の情報を元に安全なキューバを過ごすならもってこいなのがキューバの日本人宿。ワイワイみんなで夜通し飲んだり、情報交換したりなど、一人旅の人には確実に勝手が良いので人気がある。

僕らは夫婦で2名なので、ドミトリー2ベット借りるのと、カサで一室借りるのでは値段は変わらないので迷わず個室のカサにした。

ちなみに、どの日本人宿も快く迎え入れてくれるので、情報ノートを見たい場合は、お願いすれば見せてくれるよ。

カサの選び方泊まり方


キューバのカサは予約ができない。というのも電波環境のないキューバではメール予約はもちろん、予約サイトなどの登録を個人宿が行うのは至難の技。

よってハバナ市街にいる「紹介人」を通してカサを探す。いわゆる客引きだが、彼らは立派な交渉人で客の要望通りの宿が見つかるまで、永遠と紹介してくれる。

ちなみに報酬は500円程(4CUC)。彼らがいるのは下記のストリート。

ここで荷物を持って立っていれば確実に話かけてくる。彼らは葉巻を差し出してきて「宿は決まったか?」と聞いてくる。交渉人は何人もいるので自分とソリの合う人間を捕まえよう。

お気に入りの交渉人が決まったら、事前に紹介料がいくらか確認しよう。基本は4CUC。

上等なカサの見分け方


①お湯の出を確認

キューバではお湯がでないことも多い。カサの部屋を見せてもらったら必ずシャワーを出して、お湯が出るか確認しよう。

②便座があるか否か

これは個人的に重要で、キューバの便器は便座がないこともしばしば。僕が宿泊した二つはどちらも便座があったので、探すのはそう難しいことではない。

③空調設備の確認

キューバでもエアコンは普通にある。夏のキューバは物凄く蒸し暑いし、ジカ熱が心配されるため窓は開けたくない。必ず動作チェックをすること。

④部屋の鍵は独立してあるか

いくつか見た中で、部屋に鍵がないカサもあった。これは非常に重要で、部屋に勝手に侵入されたらたまったもんじゃない。必ず確認すること。

 

最後は宿主の人柄


カサによっては朝食が出るところもあるし、ウェルカムドリンクがあるところもある。それも全て宿主の心意気で人柄によるもの。いい人と巡り会えますように。

カサのパパ。優しい人。

CUBA HAVANA CASAS

どこのカサも25CUC(¥2,800)が基本。それ以上は高いと思ったほうがいい。※紹介者には紹介料4CUC(450円程)

ちなみにお金をかけても予約してホテルに宿泊したい人は→こちら