サルサミュージックのルーツが眠る音楽の都、サンティアゴデクーバ。この街の楽しみ方はただ一つ。「音楽とダンス」のみ。これを最大限楽しむには「情報」しかなく、それを与えてくれるのはただの一つ「さとみさんの家」しかない。

多分、ほとんどの日本人バックパッカーがさとみさんの家を訪れていると思います。彼女の家からサンティアアゴデクーバの旅は始まると言っても過言ではないくらい情報の詰まったカサ。僕の場合は、個室が埋まっていたのでさとみさんの紹介のカサに宿泊したけど、そのカサもとびきり良かったので合わせて紹介します。

さとみさんの家

さとみさんの家は長距離バスターミナルから歩いて行ける距離。日中に到着したならGPSを作動させて歩いて行くのもいいと思う。昼間なら治安は安定しているよ。歩いて20〜30分の距離。

※Wi-FiなしでGPSマップを見れる方法→こちら

さとみさんの家はピンクで、周辺に行けばすぐ分かる。※下の写真はさとみさんの家の屋上テラスからの写真。家の目の前はスカイブルーの家がある。

場所が分からなければ、近隣の人に「さとみ、さとみ」といえば皆、親切に教えてくれるよ。部屋は独立した離れになっていて、とても眺望の良いテラスもついている。

部屋はシャワーとトイレが備え付けられていて、めちゃめちゃ清潔。さすがの日本人魂。ツボをよくわかっている。

さとみさんがぼやいていたけど、宿を利用もせず、ただ情報だけ取りに来る日本人が多すぎるとのこと。愛想はよくしてくれていても内心ではそう思っているみたい。それもそのはずです。自分がその立場なら絶対そうだろう。

よって、「部屋は空いていますか?」と言うくだりから、カサ飯をいただくと言う流れが一番、礼儀的にも理にかなう。もしくは、「宿はあるけど、さとみさんの食事をいただきたい」と言う程でもいい。とにかく、ホストと客という立場を交え「お金」と何かを交換するという考えを持つこと。タダでなんでもは、低脳な人間のすることで得るものは少ない。

しかしながら、さとみさんと相方ウィチョの作るカサ飯はサンティアゴデクーバで一番美味しかった。わずか5CUC(¥570)でこのクオリティなら間違いなく満足するよ!

全てが日本人好みの味で絶対に気にいるはず。野菜もたっぷりで旅で疲れた体に染み渡る。

さとみさんの家は、彼女たちの人間性と最高の料理でもてなしてくれるキューバ屈指の日本人宿です。


さとみさんの家

[料金] 25クック(¥2,900) ※ダブルベット2名可
※値切り交渉不可。カード不可。Wi-Fiなし。お湯ok。予約必須。

この宿の予約は→こちら

僕らの宿泊したカサ

結局、空きのなかった、さとみさんの家。たじろぐ僕らにすかさずカサを紹介してくれた。この宿も大変良かったので、同じ境遇にあったら、さとみさんにここが良いと聞いてみてはどうだろう。

ラブホテルばりの光沢感。僕と妻は結婚7年目だけど、付き合いたてのカップルにはもってこいの装飾。

クーラー完備。動作不良なく素晴らしく快適。この家の主は間違いなく裕福だと思う。

トイレとシャワールームもこの感じ。めちゃめちゃ綺麗。

ただし、紹介なしでは泊まれないとのことなので必ず、さとみさんの尽力を得ること。

また、サンティアゴデクーバではカサでの盗難被害が多いそうなので、単独での行動は慎重に。その辺も考慮して宿泊先を探しましょう!


さとみさん紹介のカサ

[料金] 25クック(¥2,900) 
※値切り交渉不可。カード不可。Wi-Fiなし。お湯ok。

Islazul Libertad

AMOMA.com出典

こちらはホテルで、サンティアゴデクーバでは綺麗な安ホテルとしてバックパッカーの中では有名。僕はこの地を去ってから旅人たちに聞いて知ったのだけど非常にコスパが良いらしい。聞いたのはアイルランド人で欧米人の旅人が多く使っているホテル。

カサが嫌な人にはオススメ。しかも事前予約がスムーズにできるので一泊目をこちらで抑えて、2泊目以降をさとみさん経由でカサ宿泊もいいだろう。もしくは、宿はこちらで完全に抑えて、食事だけさとみさんの家にお願いするプランも良いと思う。さすれば情報も入るし、誰にも気を使わないで過ごせる。


Islazul Libertad

[料金]シングル/ 23クック(¥2,640) ダブル/34クック(¥3,890)
※値切り交渉不可。カード可。Wi-Fiなし。お湯ok。予約必須。

この宿の予約は→こちら