美しきカリブ海の都メキシコ、カンクン。世界屈指の高級リゾートだけに宿泊費もバカ高い。そんな中僕らが宿泊した安くて質の良かった宿を三つご紹介。

Grand Royal Lagoon(グランドロイヤルラグーン)

カンクンではホテルゾーンとダウンタウンに分かれている。ホテルゾーンはリゾート地として展開している場所で物価も何もかも高額。ダウンタウンはその逆で、住民の居住エリアとなる。

せっかく世界屈指のリゾート地カンクンに来たからにはホテルゾーンに一泊はしたい。ってことで泊まったのがこのホテル。予算からは少しオーバーしたが安宿続きの僕らには最高だった。

僕らのようなバックパッカーが泊まれるギリギリのラインのA級ホテル。シーツ等の清潔感は最高で「これぞホテル!」と言う感想。

もちろんプールもある。全く入らなかったけどね。

朝食も付いていて、気持ちの良いオープンテラスで食べれる。

とにかくフルーツが抜群に美味しかった。マンゴーなどの高級フルーツが満載。

ホテルゾーン屈指の安宿Grand Royal Lagoon Cancun。スタッフの感じも良くリゾートエリア最大の繁華街にも近い。
オススメだよ。


グランドロイヤルラグーン カンクン

[料金] ダブル815ペソ(¥4,900)→730ペソ(¥4,400)
※値切り交渉可。カード可。Wi-Fiあり(電波バッチリ)お湯ok。

この宿の詳細は→こちら


Hotel los Girasoles Cancun(ホテル ロス ヒラソレス カンクン)

ダウンタウンに位置する家族経営のホテル。ちょうど街の中心地から約300メートルほど西に位置するため静かで落ち着いている。しかしながら、周辺にはスーパーやショッピングモールが多く点在しているためカンクンのアンダーグラウンドを見るにはもってこいの場所。

肝心の部屋はいうとこんな感じ。

非常に綺麗で落ち着きのある部屋。エアコン、キッチン、ファンも完備されていて安宿としては最上級クラス。

日本食に飢えていた僕らは近くのスーパーで買い物をして自炊した。

海外のスーパーは面白い。しかも食材も安くカンクンに長期滞在するなら自炊は必須。

キッチン道具なんかは全て備え付けられている。ホテルゾーンでのリゾートライフに疲れた旅人、もしくは高級リゾート地カンクンを安く楽しみたい旅人向け。ちなみにダウンタウンの中心までは五分で行ける。そこからバスに乗れば15分でホテルゾーンやビーチにも行けるよ。

ちなみに心配される治安面もこの界隈では、特に心配する必要はない。

総合的にオススメできる宿。人気の宿のため宿泊の際は予約がオススメ。


Hotel los Girasoles Cancun

[料金] ツイン480ペソ(¥2,890)
※値切り交渉不可。カード可。Wi-Fiあり(部屋によって弱)お湯ok。

この宿の詳細は→こちら

Carrillo’s Hotel(ホテルカリーリョス)

Booking.com出典

キューバから戻った日に雨の中で見つけた宿。

ダウンタウンの中心地に位置していて、どこに行くにもアクセスが良い。この立地では破格の値段。トリップアドバイザーでは酷評が多いが、ホテルゾーンのようなクオリティを求めたらの話。確かに古びてはいるがさほど気になるレベルではない。

また、値段交渉ができるほか部屋が気入らなければ、いくつも部屋を見せてくれる。

Booking.com出典

スタッフは丁寧で親切。この宿に辿り着くまで周辺の安宿を見回ったが、このランクの中では高水準だと思う。


Carrillo’s Hotel Cancun

[料金] ダブル530ペソ(¥3,150)
※値切り交渉可。カード不可。Wi-Fiあり(部屋によって弱)お湯ok。

この宿の詳細は→こちら

Casa Wayak

Booking.com出典

こちらもダウンタウンに位置する有名なホステル。とにかく安い。の割に綺麗で、部屋によっては専用バスルームも付いている。一級のリゾート地カンクンで、この値段で寝泊まりできるのは中々難しい。

ビーチや、ショッッピングモールなどへのアクセスはお世辞にも良いとはいえないが、移動も一つの楽しみと考えられるなら、こんなに良いホステルはないだろう。

カンクンの日本人宿は沈没組が多くいるということで懸念している旅人も多いはず。予算ともに折り合いはつくであろう宿。


Casa Wayak

[料金] ダブル350ペソ(¥2,080)※バストイレ付き
※値切り交渉不明。カード不可。Wi-Fiあり。お湯ok。

この宿の詳細は→こちら