南米の熱海ことアグアスカリエンテス。通称マチュピチュ村は、天空都市マチュピチュへのアタック前に必ず立ち寄る場所でその雰囲気や大自然の中にポッと現れる街並みは、いるだけでテンションが上がってしまう場所。

さらに本当の温泉まで湧き出ているためマチュピチュだけでなく、この街自体を目的として長期滞在する旅行者も多い。そんなマチュピチュでオススメの宿を三件紹介。比較的、宿代の高いマチュピチュ村にて低価格で高評価のものを集めています。

VarayocBed & Breakfast

Booking.com出典

マチュピチュの安ホテルとしては一番有名だと思うこのホテル。値段、立地、スタッフの良さ、全てにおいてバランスが取れている。

部屋は特色のない普通の部屋だけど、マチュピチュ村でホテルに閉じこもることはそうないだろうから十分と言える。また朝食は朝4時から提供してくれるため、マチュピチュアタックに支障がでない。しかしながら部屋の数は8部屋と少なめ。直前では決死の争奪戦になるため早めの予約で確保するべき宿。


VarayocBed & Breakfast

[料金] ①83ソル(¥2,950)ツイン、バストイレ付。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉不明。シングルあり。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の予約は→こちら

Mama Simona Machupicchu 

Booking.com出典

ブッキングドットコムで驚異の9.5点を叩き出す中級宿。価格は多少高いが、清潔感を求める女子やお財布に余裕のある旅人向け。口コミ数20数件と少ないが、口うるさい欧米人がこれだけ素直に評価している宿も珍しい。

宿内は異常なまでの綺麗さで、清潔な共同キッチンまで付いている。自炊して食費を減らせば、多少なりとも高い宿代と採算がつく。また、ドミトリーは平均的な価格のためドミ好きの人には、ここ以外を選択する理由がない。

マチュピチュ村の土臭い様相とは打って変わって都会的なホテル。ツボな人には間違いない宿だと思う。


Mama Simona Machupicchu 

[料金] ①140ソル(¥5,000)ツイン、バストイレ付。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉不明。ドミトリーあり。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の予約は→こちら

Panorama B&B

Booking.com出典

最後は有名なこちら。少しリッチに過ごしたい旅人にはちょうど良いコスパのホテル。一部屋ごとにバルコニーが付いていて、そこからの眺望は素晴らしい。マチュピチュ村では、このクラスのホテルが一番多くあるけど、中には外れ宿も多くある。

この宿は、マチュピチュで一緒だったイギリス人夫妻に教えてもらったところで、彼らは新婚旅行でこのホテルを利用していた。終始、「最高よ!」って喜んでいた。

僕らは泊まれるはずもなく眺めるだけだったが、特別なマチュピチュ旅行に一花咲かせたいならオススメの宿。彼女や、奥さんに内緒で予約してみるのも粋な計らいかもね。


Panorama B&B

[料金] ①275ソル(¥9,800)ツイン、バストイレ付。※シーズンによってかなり変動。
※値切り不可。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の予約は→こちら