世界的に有名なチチカカ湖への経由ポイントとして訪れる街プーノ。この街も、さほど大きな街ではないが入り組んだ路地が多く、夜は治安があまり良くない。このような街では立地条件が非常に重要で、昼夜に街を楽しむにはアクセスの良い宿を選ぶことが重要。

そんなプーノで僕らが宿泊した宿HOSTAL VILENAは、クスコの旅行会社を通して予約したため他媒体では予約ができない。よって、こちらは紹介できないので立地条件とコスパの観点でオススメのホテル情報をセレクトしました。ぜひ参考にしてください。ちなみにプーノは比較的、宿泊費が低価格です。

Joya Andina Puno

Tripadvisor出典

プーノでは最安値で泊まれる個室タイプのホステル。この価格で全室にテレビが付いていたり、シャワートイレ付きなど、コスパ最強の宿。立地条件としては、この場所から街の中心地セントロまでは若干遠いが、太く人通りの多い道で繋がっているので、夜でも出歩ける範囲内でしょう。

とにかく高評価のホテル。人気の宿だけに予約は困難かも。プーノに行く予定の人は事前に予約できればラッキー。


Joya Andina Puno

[料金] ①52ソル(¥1,850)ツイン、バストイレ付。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉不明。シングルあり。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の予約は→こちら

Posada de los Reyes

Booking.com出典

事前に情報を持っていれば、僕ならここに宿泊していたであろう宿。特筆すべきは、その立地条件。この場所なら、何の心配もなくプーノを満喫できる。

さらにホストの人柄が高評価を得ているようで、これは非常に重要な要素の一つ。分からないことだらけの南米プーノで情報を聞き出せるのは、ホテルオーナーが一番良い。

部屋もきれいで心地よさそう。シャワー温度の調整や、部屋の寒さが気になるという意見もあるが、その辺は問い合わせれば難なくクリアできる問題だろう。バランスのとれた宿。オススメ。


Posada de los Reyes

[料金] ①77ソル(¥2,740)ツイン、バストイレ付。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉不明。シングルあり。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の予約は→こちら

Royal Inn Hotel

Booking.com出典

最後はこちら。リッチな貴方へ送るハイランクなホテル情報。僕ら夫婦が一泊目に宿泊していたHOSTAL VILENAからほど近く、こちらでコーヒーだけいただいた。妻と2人で「泊まりたいね、、、」ってぼやいてたホテル。

いらっしゃるのはお上品な奥方や、欧米人ばかりでホテルランクの高さを思い知らされる。しかしながら、実はそんなに高額ではないため、プーノでリッチに過ごしたい旅人でも手がとどく範囲。宿代が低額なプーノ市内で、このホテルランクをこの価格で泊まれるのは、ある意味コスパが良いと言えるのかな。ちなみに立地条件は最強。ご参考までに。


Royal Inn Hotel

[料金] ①238ソル(¥8,500)ツイン、バストイレ付。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉不可。シングルあり。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の予約は→こちら