危険なイメージしかないメキシコシティの地下鉄。

実はある方法を利用することで、驚くほど便利な交通手段となる。その方法をお伝えします。

実は以外と単純な路線図⁉︎

メキシコシティの路線は「数字とアルファベット」で路線名が識別されている。東京のように、山手線とか銀座線などと複雑な呼び名がないので分かりやすい。

さらに、路線数も多くないので実は乗り換えなんかもすんなりできる。

迷わずアプリを使おう!

これ実は、ほとんどの人が知らないんだけど日本語に対応したメキシコシティのメトロ専用のアプリが存在する。たまたま、検索したらヒットした代物で、これがめちゃめちゃ便利。使わない手はない。


・乗り換え案内 メキシコシティ

正直これがあれば無敵状態です。分かりやすくて安心感満点アプリ。少しだけ使い方の説明しておくよ。


アプリを開いて路線図をクリック

 

今回は『Pino Suarez』から『Zapata』へ行くと仮定してシミュレート。

 

路線検索をクリック

次に左下の「路線検索」をクリック。

 

 

出発の覧をタップすると駅一覧が表示されるので、駅名の入力のところに出発駅Pino Suarez」を入力。

 

到着駅の『Zapata』も同様に入力。表示された画面の「経路検索」をタップ。

 

到着時間か乗り換え回数かをセレクト

最後に「到着が早い順」「乗換回数順」かをセレクト。それに伴った候補がランキング形式で表示されるので、一番上をクリック。

 

 

これにて出発駅から、到着駅までの路線図、乗換、料金と所要時間が表示される。

 

 

以上の方法でメキシコシティの地下鉄は容易に攻略できるよ。ぜひ活用してください。

路線案内は写メを忘れずに

このアプリの弱点はWiFi環境がないと動作しないこと。

この弱点を補うために、必ず取得した路線案内は写メに撮っておくこと。街に繰り出して、WiFi環境を見つけていちいち検索していくのは効率が悪いので、ある程度、1日の行動パターンを決めて、必要な路線を写メしておくことで時間を有効に使って観光できる。

このアプリに加えて、WiFi不要のMaps.meも併用して使おう!

Maps.meについて使い方等はこちら

 

絶対的に危険なのはスリ!

これに関しては、みなさん異常なまでの警戒心を持ってると思う。もし今お持ちでないのであれば改心する必要があるほど、メキシコシティの地下鉄はスリだらけ。必ず十分すぎるほどの対策をしましょう。

ザックを前に抱え鍵をかける

特に大衆の多い場所ではこの体制を取るべき。そうすることで、ほぼ99%の確率でスリを回避できる。

 

重要なのは、全ての大切なものを「自分のテリトリー内」に収めておくこと。こうすることで異変があった時にすぐ気付くし、大抵のスリ犯はこの防御体制の人間を狙わない。

とはいえ相手は本物のプロ。ザックを前に抱えていてもI-Phoneを盗まれていた旅人がいたので、念には念を。大衆の多くいる場所ではザックに鍵を必ずかけよう。

若干の手間がかかるけど、この方法を取り入れることでほぼスリに会うことはない。実際に現地で起きてしまってからでは遅い。できる限りの体制を取って万全にしておきましょう。

TSAロック南京錠 ワイヤータイプ

僕が愛用したワイヤータイプの南京錠。小さなカギ穴にも通る細いタイプ。サブバック用として常に使っていた。このメーカーのこのタイプのものは必ず一個は用意したい。必ず必要になる。

TSAロック南京錠 ワイヤータイプ(黒)の最安価格は→こちら

それではまた。安全で良きメキシコシティライフを。