自由と愛の溢れるトゥルムの町へ行こう!

TULUM。

カンクンからほど近いこの町は、有名なビーチとの一体型遺跡で有名な「トゥルム遺跡」や「グランセノーテ」へのアクセスとして立ち寄る人が多い。

しかし、実は町自体に物凄いエネルギーと魅力がある。

僕は、トゥルム遺跡とグランセノーテへのアクセスのためだけに立ち寄ってたため日帰りだったけど、後からメチャメチャ後悔した。

二、三泊はしたい町トゥルム。その魅力に今回は迫ってみよう。

トゥルムの場所とカンクンからの行き方

トゥルムの町はカンクンから南に約130キロの位置にある。

Googlemap参照

大体、バスで2時間半くらいの距離で静かな気持ち良い道を走る。

なんか、トゥルムまでのツアーがカンクンでは横行しているけど単なる無駄遣いな気もする。というのもカンクンから簡単にバスで行けるから。

自分で行く方が格段に安く行けるし言うまでもなく自由度は高い。

カンクンからのバス

カンクンからはバス会社「ADO」のバスを利用する形になる。

料金は片道1人120ペソ700円程度です。曜日や時間帯で若干の変動がありますが、大体はこの値段付近。トゥルムまでの所要時間は約2時間半ほど。

なるべく午前中出発がオススメ。

始発はAM5:00からあるので、朝から動きたい人は前日にチケットを予め買っておくと安心。

グランセノーテなんかに行く人は、午前中のほうが透明度が高いので、早いに越したことはない。

途中、プラヤデルカルメンのバス停に駐車するけど、間違って降車しないように。僕らはテンパって降りたり乗ったりを繰り返していた。

都度、運転手に聞くといいです。

※庶民の足ローカルバス。スペイン語圏で安全に目的地まで行く方法

カンクンのバスターミナル

トゥルムの町の魅力

トゥルムの街に着いた時、なんとも言えない「好き!」と言う感情が出てきて日帰り計画したことを後悔したのを覚えている。

なんというか、人と人の距離が近くてピースフルで開放的。

街中では音楽があふれグラフィティアートが溢れている。

おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、洋服屋さんなんかも安くておしゃれなものが多い。

聞くと欧米からの移住者が多く、独自の文化がこの街にはあるらしい。

https://www.coastalliving.com参照

人も皆ピースフルで「自由と愛」が溢れている。

うつむいて歩いている人なんていない「人に優しい」町トゥルム。是非とも一泊はしたい。

https://www.jetsetter.com参照

トゥルムに泊まろう!

旅人や現地の人に聞いたトゥルムのオススメ宿紹介。次行ったら絶対泊まる!

Joy Tulum

Trip Advisor参照

町の中心地から約2キロの距離に位置するため、立地的にはパーフェクトとは言い難いがその欠点をカバーするだけの魅力が詰まる宿Joy Tulum。

ジャングルの中に敷き詰められたバンガローは、まさに「秘境の村」と言うに相応しく冒険心をくすぐる構造になっている。

Bookinng.com参照

一棟づつ分かれているので完全個室でプライベートは保たれる。プールも完備されているし、トイレは共用でも清掃が行き届いている。

Trip Advisor参照

Bookinng.com参照

また、蚊帳の付いたベットも粋で、自然の音に囲まれて眠る夜は最高のはず。

Bookinng.com参照

町までの2キロをどう埋めるか。

実は宿には自転車のレンタルが完備されている。

Bookinng.com参照

宿への道自体も綺麗で自然豊かな場所を通る。

もちろんトゥルムの治安面は安定していて心配はない。立地のデメリットも考えようによっては素敵な時間になる。

総合的にバランスのとれた宿。自由を愛する旅人には持ってこいのはず。

Bookinng.com参照


[料金] ①740ペソ(¥4,300)キングベットorツイン、バストイレ共用。※シーズンによって変動。
※値切り交渉不明。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら

 

Stage-One Camping

TripAdvisor出典

お次は強者向けの超自然派お宿。

こちらは一つ一つがテントになっていて、それらにマットレスベットを搭載した「お手軽キャンプスタイル」を売りにしている。

Bookinng.com参照

Bookinng.com参照

メキシコの端の町トゥルムのさらに奥にあるこの宿で、自然と動物が共存する完全なるネイチャースタイルは、子ども心を完全にくすぐってくる。

トイレ、シャワーはもちろん共用で、ある程度の清掃は行き届いているようだけど、中々の覚悟は必要。

Bookinng.com参照

バカンスとは程遠く、若干の修行要素が入っているけど変態のあなたには持ってこいのはず。

時間があるなら二、三日間、食材を買い込んでキャンプするのも旅の醍醐味になりそう。

他にはない思い出になる宿、Stage-One Camping。最大のメリットは言うまでもなく激安な点にある。要チェック!

Bookinng.com参照

 


[料金] ①290ペソ(¥1,700)キングベットorツイン、バストイレ共用。※シーズンによって変動。
※値切り交渉不明。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら

Hostel Che Babel

HOSTELWORLD参照

欧米のバックパッカーから絶大な人気を誇るホステル。

低価格で町の中心地に位置するため利便性が高く、どこに行くにもアクセスが良い。

値段の割に部屋も清潔でクーラーも付いている。

HOSTELWORLD参照

またバーラウンジやプールもあり、宿の中でも出会いや刺激を求めればきっと何かが起こる雰囲気満載。

HOSTELWORLD参照

HOSTELWORLD参照

総合的に勝手の良い宿。

ドミトリーも完備されているのでより安く泊まりたい人にもオススメ。


[料金] ①710ペソ(¥4,126)ダブルorツイン、バストイレ付。※シーズンによって変動。
※値切り交渉不明。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。ドミトリーあり。

この宿の詳細は→こちら

 

Habitas Tulum

TripAdovisor出典

お次は旅人にはかなりのレベルの高さのこのお宿。

タクシーに乗った時に運転手に勧められた宿で、世界中の旅行者に大変人気がある。調べて一瞬で惚れ込んだ宿で一度は泊まってみたい衝動に襲われた。

TripAdovisor出典

一棟一棟が、全てアパートメントスタイルになっていてリビングでは凄まじいオーシャンビューが拝める。

agoda参照

純粋に、よくこのそそるスタイルの宿を作れるなあと感心する。

agoda参照

ビーチ沿いの立地を利用して、あらゆるアメニティが用意されている。ハンモックやフリーヨガ、カフェスペースでは都会的な建設と相まって、また違う雰囲気を醸し出す。

TripAdovisor出典

agoda参照

agoda参照

次行ったら絶対泊まりたい宿NO1。

こういうセンスの良い宿には良い人が集まるし、お金を出しても体験する価値がある。アーティストや何か目的を持って旅をしている人には良い時間になるかもね。オススメ。

TripAdvisor参照


[料金] ①4085ペソ(¥23,800)キングサイズ、バストイレ付。※シーズンによって変動。
※値切り交渉不可。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら

メゾン トゥルム

Hotels.com

タクシーを相乗りした日本人女子2人に聞いた宿。

彼女たちは、遺跡やグランセノーテよりもこの宿を目的にトゥルムに来たらしい。調べてそれも頷けた。

Hotels.com

宿自体がいわゆる「メルヘン系」の可愛いお宿。

これは堪らない人には堪らない作りだね。

ベットルームも綺麗で申し分ない。もちろんシャワールームも綺麗で可愛い。

Hotels.com出典

TripAdvisor出典

あら、可愛い。

どうやら超絶に人気があるらしく予約は取りにくいみたい。

また、ここのレストランも定評があって美味いらしい。

Hotels.com出典

いろいろと面白そうな宿。町の中心地と言う大きなメリットも併せ持つ。

ただし、男同士で泊まる場合は完全にゲイハウスと化すのでご用心。ダブルベットで男同士で寝るのだけはご勘弁。

TripAdvisor出典


[料金] ①978ペソ(¥5,700)ダブル、バストイレ付。※シーズンによって変動。
※値切り交渉不明。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の詳細は→こちら

グランセノーテへの旅

CENOTE=セノーテ。

トゥルムに行けば必ず行くべきスポットの一つがこのセノーテこと「地底湖」

その名の通り、地下水が天然洞窟に溜まり異常なまでの透明度で見るもの全てを魅了する。

ユカタン半島には約5000ものセノーテがあるが、その中でも群を抜いて綺麗で人気があるのが、この「グランセノーテ」だ。

僕も実際に行ってきたけど、その透明度に引き込まれそうで若干の「恐怖心」すら芽生えたほど。でも、潜ると凄まじい美しさで一瞬で虜になったよ。

ちなみにシュノーケル等のレンタルも充実している。

  • シュノーケルゴーグル80ペソ/約500
  • ロッカー使用30ペソ/約180円
  • ライフジャケット50ペソ/約300円

※価格はレートなどで変動あり。

水着を持っていって絶対潜った方が良いと思う。妻は水着を忘れて、ジャージで潜水。

お後がドリフみたいになってたけど、潜らない方が後悔と言っていた。

また、行くなら午前中に行こう!水の透明度が午後とは雲泥の差だよ。要注意!

セノーテへの行き方は、トゥルムからタクシーが一般的。

料金は80ペソ。約500円程度。僕はバスターミナルでグランセノーテへ行く人を見つけてシェアしたよ。


GRAN CENOTE

入場料180ペソ/約1100円

営業時間/8:10〜16:45

トゥルム遺跡への旅

こちらもトゥルムに行ったら外せないスポット。

メキシコ内の遺跡では規模は大きくはないけど、爽快感や美麗度、立地面においては最高級。

理由はやはり「ビーチ一体型遺跡」と言う特異なスタイルがウケにウケている。

遺跡自体は小さい遺跡がパーク内に点在していて、マイペースにゆっくり見れる。

パーク内も非常に整備が行き届いていて歩いているだけで気持ちが良い。

さらにこのパーク内。

ジャングルと直結していることもあってか、様々な動物が挨拶しに来てくれる。

猿。いや、アライグマなのか。

この子はめっちゃいた。んで、颯爽と足元を駆け巡る。

愛嬌あって可愛かったよ。

そしてご当地お決まりのこいつ、イグアナ。

こやつもめっちゃいる。

もはや珍しさの微塵もない、、、

こんな感じで、この遺跡パーク内には「ビーチ」「遺跡」「動物」と見所や心脅される仕掛けが多くある。

ジャングルを切り開いた道も味があって冒険心を掻き立てられるし、全体的に本当に気持ち良い遺跡パーク、トゥルム。

グランセノーテとともに必ず立ち寄りたいスポットだよ。

wikipedia参照


Tulum遺跡

入場料65ペソ/約380円
注:6:30~8:00と14:30~18:30の時間帯は何故か220ペソ(1300円)に値上がり。

営業時間/6:30〜18:30
ビーチ遊泳可能時間/8:00~16:00


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です