グアダラハラの絶景と治安情報!

ここでは主にグアダラハラの治安情報について解説していきます。グアダラハラ市内では気をつけるべき事柄がいくつかあり、その内容と対処法を記載します。

※中南米の都市別治安情報まとめは→こちら

大切なのは、宿の場所安全徒歩圏内を把握しておくこと。安全に過ごせるエリアを記事の最後のマップに記載してます。また、それに伴った安全エリアのオススメ宿も併せて見てみてください。

※僕が泊まったホテルと立地条件から見たオススメ宿情報は→こちら

歴史的建造物のオンパレード

グアダラハラは人口164万人。ものすごく大きな都市で、年中観光客で賑わってもいるみたい。スペインの植民地だったこともあって、その面影を残す古都。メキシコ人はグアダラハラの美しさを誇りに思っていて「西部の真珠」と名付けてとてもこの街を愛してるんだとさ。

いや、西部の真珠って、、、

僕はちょっとひねくれている。若干冷めた目で見る傾向があって、良くも悪くも自分の性質の一つだと思ってる。こういうネーミング付けちゃうのとかも、若干「ぷッ」ってなっちゃうんだよね。

でもグアダラハラを歩いて数分。物の見事に裏切られる。もちろんいい意味でね。

 

一瞬で引き込まれて自然と笑みが溢れる。「来てよかった、、、」
美しすぎて言葉がでない。大袈裟じゃなくてそのくらいの迫力があるんだ。

アルマス広場にあるこの大聖堂は、グアダラハラの代名詞とも言える存在で超有名らしい。いや凄いわ。これには流石にやられました。

中には300年眠る少女のミイラが眠っていて目を開けるとかなんとか。メキシコは実はミイラ大国。ありとあらゆるところでミイラミイラで、カトリックの文化の影響なのかミイラに出会う事はよくあると思う。

その国の文化があって、風習がある。日本では常識的におかしい事も普通に行われているのが世界。面白いね。

でもここでまさかの日本文化の参入。

松坂さん。inメキシコ。

少しだけ、ホッとする瞬間でした。

 

グアダラハラの治安はどうなのか⁉︎

気になるグアダラハラの治安だけど、下手なところにいかなければ大丈夫。というかかなり安定している。中心地では観光警察が常に目を光らせてくれている。

前の記事でも書いたけど、中心地に来るまでのローカル街はあまり近づかないほうがいい。
※前の記事はこちらから→こちら

多分、その界隈に用はないので近づく事はないかもだけど、面白半分で行く場合はリスクが常につきまとっている事を忘れない事。

アルマス広場なんかは、観光客も多いから警察も常に巡回してくれているので安心して大丈夫だよ。

にしても警察の多い事。それだけ治安が悪い証拠でもあるけどこの包囲網の中にいたら、強盗なんかも手は出せないだろうね。んで、中心地から離れれば離れるほど警察の数は減っていくけど、より武装されている警察が点在し始める。

ライフル、ショットガン。

警察の数と、装備品でグアダラハラのエリアの雰囲気が分かる。観光しながら良く観察しよう。身を守るのも自分。何かあっても責任は自分。用心に用心を重ねる事は悪い事じゃない。

気取って自信過剰から犯罪にあい、運良く免れ武勇伝を語るよりも、しっかり対策を練って慎重に無事故で旅を続けるほうがよっぽどかっこいい。特に、夫婦やカップルで旅をしている人は、守るべき人がいる事を忘れないようにしてください。

中南米は、思っている以上に命の値段が安いからね。

にしても観光警察のみなさんの可動域。僕たちホビット族にしては本当にありがたいです。お疲れ様です。

バイクでのひったくりが多発

グアダラハラは中心地から外れると、入り組んだ道が増え道路が細くなる。

このような道で観光客に多発している犯罪がバイクでのひったくり被害。

グアダラハラの郊外

できるだけ車道側から離れ、ザック以外の荷物は建物側に持つこと。このような道を歩くときは前後の確認を怠らず、警戒心を強めましょう。

用心に越したことはない。

タクシー乗車での注意点

メキシコでもタクシー強盗は多く報告されている。ここグアダラハラも例外ではない。

タクシー強盗に合わないためには、まず知識を養うこと。

※タクシー強盗の見分け方については→こちら

そして、できるだけリスク回避すること。大切なルールとしては、、①夜間に乗らない②流しを捕まえない。この二点に限る。実際、グアダラハラでタクシーを利用することはまずないだろう。というのも、この街の見所は中心地に集中しているし相当マニアックな旅人でないと、郊外に行く理由がない。

この街の大きな移動は街への発着時のみ。そこもローカルバスを利用するためタクシー利用は、ほぼない。

※グアダラハラのバスターミナルへの行き方→こちら

結局、大切なのは宿をどこに取るか。グアダラハラで出会った日本人夫婦は、土地勘がないためトラケパケと言う地域に宿を取ってしまい、非常に移動が困難でほぼ宿にいると話していた。

宿の場所さえ間違わなければ、徒歩圏でタクシー等を使わずに十分グアダラハラを安全に楽しめる。

※僕が泊まったホテルと立地条件から見たオススメ宿情報は→こちら

中心地ではスリに注意

安全なソカロ周辺で気をつけるのは「スリ」。

強盗や凶悪事件に目が行きがちだけど、実際に一番起きている犯罪はこれ。観光客の多い安全地域と言われるような場所が最も多発する地帯。

僕も東南アジアで被害を受けたことがあるけど、とにかく大変。特にパスポートを紛失したら数日間は足止めをくらい、毎日たらい回しで観光や旅を正常に続けられなくなる。

さらにキャッシュカードやクレジットカードまで紛失したらと思うと、時間もお金も有限な旅人にとっては死活問題となる。これには万全の対応をするべき。

ザックを前に抱え鍵をかける

特に大衆の多い場所ではこの体制を取るべき。そうすることで、ほぼ99%の確率でスリを回避できる。

 

重要なのは、全ての大切なものを「自分のテリトリー内」に収めておくこと。こうすることで異変があった時にすぐ気付くし、大抵のスリ犯はこの防御体制の人間を狙わない。

とはいえ相手は本物のプロ。ザックを前に抱えていてもI-Phoneを盗まれていた旅人がいたので、念には念を。大衆の多くいる場所ではザックに鍵を必ずかけよう。

若干の手間がかかるけど、この方法を取り入れることでほぼスリに会うことはない。実際に現地で起きてしまってからでは遅い。できる限りの体制を取って万全にしておきましょう。

TSAロック南京錠 ワイヤータイプ

僕が愛用したワイヤータイプの南京錠。小さなカギ穴にも通る細いタイプ。サブバック用として常に使っていた。このメーカーのこのタイプのものは必ず一個は用意したい。必ず必要になる。

グアダラハラ安全地区

僕が実際に動き回って行った場所。青で囲った部分であれば治安面は特に気にする必要はない。ただ、夜間の行動は十分注意を。人気のいない場所には夜は近づかないほうが無難。

青で囲ったエリア内であれば夜間も警察が多い。周辺を見回して大丈夫そうな道を選択しよう。

以上、グアダラハラの治安情報でした。メキシコ第二の都市だけに心配はあるけど、滞在して思ったのはインフラが非常に整っているので過ごしやすい。さらに、観光事業に力を入れているため急ピッチで治安確保に力を入れているのがよく分かる。

重複するけど、夜間の行動は青枠エリアから出ないようにして、好立地な宿に宿泊すれば大丈夫。比較的、安全な街といえます。

楽しい旅を!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です