実際に、スキミングとはどんなものかというと実に巧妙な手口で知らぬ間にカード情報を抜き取られ、それを基に偽造カードで根こそぎ資産を持ってかれるというもの。

こんなことが実際にあり得るのかというと、めちゃめちゃあり得るのがTHE南米です。

これに出くわすと「即帰国」状態に陥るので防犯対策をしっかりしておこう。

 

スキミングの手口は二種類


接触型カード被害

スキマーという機械に直接カードを接触させることで情報を抜き取るスキミング方法。レストランでカードを利用して食事をした時や、銀行のATMでお金を下ろした時などに被害に合うことがある。

最近の、スキマーは精巧で見た目的には全く分からないらしい。基本的に、食事は現金で支払い、ATMは警備員が在中しているところを使うのがベスト。

また、どんな場所のATMを使うにしろ、スキミング装置が付いていないか、必ずよく確認すること。

さらにPINCODE(暗証番号)を押すときは手をかざして数字を入力する事。どこにカメラが仕掛けられているか分からない。念には念を。

非接触型カード被害 

接触型よりも厄介で、近年はこちらの方が主流になっている。これは、スキマーとカードを接触させることなく、電磁波を利用してスキマー自体をカードに近づけただけで情報を抜き取れる。電車やバスの中、メルカドや観光地などの人が密集する場所に赴く旅人には脅威となる存在。

誰がこんなもん発明するんだろうね。めちゃめちゃ腹立たしいけど被害にあっても文句すら言えない。

ただし、これに対抗できる防犯グッズがあるので紹介しておきます。僕もこれを使って被害には合わなかった。値段も安いので用意しておいていいと思う。


 スキミング防止カード ヨタデーダ•テクノロジー2枚入

旅中、クレジットカード等を使う人はマストアイテム。実際に大量の現金を持ち歩く人は少ないので是非用意したい。クレジットカード等のICカード達に挟むだけで遠隔スキミングを防止できる。実際スキミング被害にあっている旅人は多く帰国を余儀なくされた人もいたくらい南米では多発している犯罪。持ってて損はないだろう。

スキミング防止カード ヨタデーダ•テクノロジー2枚入の最安価格は→こちら

 

スキミング被害も想定して旅をする


正直、僕が使ったATMもその日その日で状況は変わるので、一概に『安全』とは言い難い。

スキミング被害は、どこで出くわすか分からないし、気づかないことがほとんど。

なので、『自分は被害者予備軍』であることを自覚し、万全の体制を取ること。

僕が推奨する、デビットカードを預金口座として活用し、その間での資金移動がもっとも安全だと思う。

大切なのは、『保険』を常にかけておくこと。

※参照記事:【最強防犯】中米、南米旅行へのお金の持って行き方!本当に使えるオススメのデビットカード(プリペイドカード)とクレジットカード!

一発退場ではなく、三発退場くらいの体制をとっておけば、犯罪にあってもダメージは少ない。

スキミング対策は、、、

①スキミング防止カードを利用

②デビットカードを預金口座として利用する

の2点がもっとも得策。

気をつけて。

旅を豊かにする方法は万全の対策と、心の奥に持ち合わせるビビリ精神で成り立つと僕は思う。