世界で出会った粋な男たち。あなたなら真似できますか?

こんにちは、こみあげです。

旅の醍醐味、出会い。

今回は僕の心を揺さぶった『優しく強い男』を特集します。

ではいきましょう!

サンティアゴデクーバの『サーマニー』

その男に出会ったのはキューバの最果ての地、サンティアゴデクーバ。

『サルサ音楽の聖地』と言われるこの町は、僕がキューバで絶対行きたかった町の一つ。

やっとこさ到着した時は、歓喜のあまり奇声を発したのを覚えている。

とにかくエネルギーの強い町なんだけど、忘れられない出会いがここであった。

キューバ人のたかりに嫌気

ここまでハバナ→バラデロ→サンティアゴデクーバとキューバ国内を旅していた僕ら。

街並みや文化には心踊ろされていたが、実はキューバ人のしつこい『たかり』に嫌気がさしていた。社会主義国家で毎月の給付金は4000円程度という彼らにとって、僕らツーリストは簡単にお金や物をくれるボーナスタイムのようなものなのか。

サンティアゴデクーバでも、ひどい『たかり』にあった。

ライブハウスで僕らに話しかけてきて、ずーーっと後を付けて、何かと『おごれおごれ』言ってくる男。

こいつ↓

こいつが本当にウザくてウザくて、どんだけ無視してもハイエナのように付いてくる。だからと言って、強引に追いかえせば何をされるか分からない恐怖もある。

結局、ある程度の高級なバーに入って、店員に追い返してもらったんだけど、それでも中に入ってきて『こいつらのガイドだ!』みたいなこと言ってたからね。なんなんだお前は。

まあ、こんな感じでキューバ国内で『嫌な思い』はしていたせいで、キューバ人に対しての印象は良いものではなかったんだ。

そんな思いの中サンティアゴデクーバでの旅を終え、ハバナに戻ろうとした時に事件は起きた。

満席なわけがない!チケットを売ってくれない?!

ハバナへのバスチケットを取るために、ターミナルへ行ったのはAM11:00。

僕らが乗車するバスはPM22:00。

チケットカウンターで無精髭の男に、ハバナまでのチケットを要求すると信じられない返答がくる。

『満席だ!』

え、本当に?

仕方ないから、他の日時で空きを教えてくれと言っても、一向に取り合ってくれない。意味不明の対応に事態をよく理解していなかったけど、どうやら『意地悪』されていたようだね。

まあ簡単に言うと東洋人への『人種差別』で彼らには全部、中国人に見えている。

まさかチケットを売ってもらえないとは。同時にやりようのない悔しさがこみあげる。

(、、、こいつらまじでムカつくわ。)

この瞬間、この国のことを心底恨んでいたと思う。こういう思いをすると、周りの人間全てが敵に思えてくる。

しばらく妻とターミナルの隅で呆然としていた。

 

ふと、チケットカウンターをみると無精髭の男から、2PACみたいな青年に切り替わっている。

目が合う。

すると手招きして僕らを呼んでる、、、?

『お!』

ダメ元でチケットをお願いするとすんなりオーケー。わお。

これがサーマニーとの出会いだった。

世界の裏側で尊敬

『数日前にサンティアゴデクーバに来た君たちを見たよ!』

カウンター越しにサーマニーが気さくに話しかけてくる。

正直、僕の頭の中は『???』

それどころか『何が目的なんだ?』という疑念しかない。この状況下で急に親切にされると疑いの視線しかないよ。

でも今まで出会った『たかり野郎』とは質が違う。

必要以上に喋らないし愛想笑いもしない。それどころか目が綺麗で、芯の強さを感じる雰囲気。

『荷物預かろうか?』

サーマニーが言う。

『え?マジで?』

まさかの発言に膨らむ疑念。でも、このどデカイ荷物がなければ機動力が一気に上がり、出発までの時間を有意義に過ごせる。

妻と相談してサーマニーに預けることにした。

『ありがとう』

 

PM21:00


サンティアゴデクーバの最終日を満喫しターミナルに戻るとサーマニーがいた。

彼に指さし会話帳で精一杯のお礼を伝えたんだ。

すると、おもむろに僕らを誘う。

『ん?』っと思って付いていくと、なんと彼のロッカールームに招待してくれる。グレーで錆びついた細長いロッカーを開けると、中から酒が。

コップを差し出され、注がれるお酒。そして葉巻。

『シーっ』とやりながら、はにかむサーマニー。バスターミナルの冷えたコンクリートの上で、彼と杯を交わす。

彼が娘二人をもち、コンゴ奏者として成功を目指してる話や日本の話。

異国の地で、その日出会ったキューバ人にもてなされている。なぜにこうなったのかは分からないけど、国境を越え不思議な感覚に陥る。

(、、、あれ、前に出会ったことあるっけ?)

そんなはずはない。僕がサンティアゴデクーバへ来たのも初めてだし、彼もサンティアゴデクーバを出たことはないという。

なんだろう。

この記事を書いている最中も、サーマニーのことを鮮明に思い出せるほど『友情』を感じた時間だった。

 

最後に、妻には怒られたけど悪気なくチップのつもりで10クック(約1000円)を彼に差し出した。

チケットを買えたこと、そして僕らをもてなしてくれたこと。安心をくれたこと。その全部に『お金』で表現しようとした僕に、ニコッと笑って自分の胸を叩き、そして僕の胸を叩くサーマニー。

『心と心』

胸が熱くなった瞬間。『金じゃねえ、俺たちは繋がった』と伝えたかったのだろう。

 

ハバナへのバスの中。

サーマニーのことばかり考えていた。

『俺なら同じことできるのか?』

月の給料の1/4もの大金を差し出された時、彼と同じようにできるだろうか。

いや、正直今の自分にできる自信はない。

その感情が自分の中ではっきりした時、猛烈に悔しくなり同時に沸き立つ向上心を感じた。

10数年前、東京に出てきた当初の自分、言わば高みを目指し、純粋な自分で勝負しようと決心していた、あの時の精神レベルを思い出せ。

旅の神様がそっと教えてくれたこと。忘れない。

サーマニーありがとう。

彼が別れ際に僕に言ったセリフは『次、来た時はうちに泊まれよな!』だって。

子を連れて、きっとまた君に会いに行くよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です