今、大流行りのセブ島留学。

一昔前まではカナダとか、オーストラリア、ちょっとリッチなお家柄の子はイギリスなんかもよく聞いたけど、近年ではぶっちぎりでフィリピン留学が人気とのこと。人気の理由は、圧倒的な安さにあるらしい。

その事実は僕も耳にしていたから知っていたけど、つい先日セブに住んで日本料理屋で働いている友人から聞いた話。

「今、0円留学ってあるじゃん」

あるじゃん!って、初めて聞いたよ0円留学⁇

これは聞き捨てならないってことで調べてみると、どうやら本当らしい。

お金が問題で留学を断念している若い人達は多いはず。これは調べる価値ありってことで実際に会社側とコンタクトをとって調査した結果をまとめました。

そもそも何故フィリピンのセブ島なのか


何故、今になってフィリピンが留学先として人気が出てきたのか。それこそ昔は発展途上国のイメージが強かったし首都のマニラなんて治安が悪いことでも有名でしたね。

でも、今現在では東アジアで最も高い経済成長率を叩き出している国。

現地にいる友達が言うには、その中でもセブは物凄い発展を遂げていてフィリピン内ではトップレベルに治安がいいとのことです。

≫留学までは無理無理!もっとお手軽に英語やれないの?って人はこちら

とにかくひたすら安い!

セブが愛される理由はまずこの要素が大きい。

とにかく物価が安い!これってめちゃくちゃ大事で、旅でもそうだけど物価が安いと全てに余裕が生まれてくるしチャンスが増える。

例えば友人と出かける回数も増えるし、勉強するための道具も買える。

休みが続く日は少し遠出したっていいし、贅沢なホテルに泊まる日があってもいい。

 

英語圏の場所で、お金の余裕ができるってことは、比例して出会いのチャンスが増える』ってことです。

ワーホリで人気のオーストラリアやカナダ、イギリスなんかは下手したら日本より物価が高いですからね。この差は大きい。

では、実際にどのくらい違うかっていうと物価は1/3〜1/6。タイより安いんじゃないかなあ。

タクシー初乗り80円、ビール40円!?て事は、おのずと授業料も安くなりますね。

この物価の安さは魅力的すぎます。

安いから低クオリティなのか?!︎

ぶっちゃけ、どんな世界でも安ければクオリティが落ちる。そんな風に思いますよね?でも、

この考え方は時代遅れ。

例を言うと、東京でも一世を風靡している「俺のシリーズ」。

安くてハイクオリティな料理を提供することで連日満員の飲食店で大成功を収めている。ファストファッションの走りとも言える「ユニクロ」なんかも使ってる人は多いと思うけど、安いのに材質は悪くないですよね?

今の時代、と言うかこれからの時代は「安くてハイクオリティ」が当たり前の時代になる。

この話を議題に出すと裏の闇の部分まで掘り下げていくことになって話が逸れるから、今回のテーマでは割愛するけど留学も同じこと。

だからセブ島留学がこれだけ短期間で認知され人気になったんです。

もちろん、そこには裏付けがある。

 

フィリピンは元々、アメリカの統治下にあったルーツから共用語は英語になった。街中の看板や標識なんかも英語だし、テレビなんかも全部、英語。驚くことにフィリピンって世界で三番目に英語を話す人口が多い国なんです。

正直これには驚かされますよね。彼らは小さい頃から国語以外の授業は全て英語で行われてきて徹底的に叩き込まれている。要はネイティブ並みの英語力ってことです。

 

景色が美しすぎる

これは言うまでもないと思うけど、海の美しさはピカイチ。

正直、この環境は卑怯すぎる。そりゃ人気出ますでしょ。何も留学は勉強だけじゃない。もちろん遊びたい気持ちも裏の裏に大量に持ち合わせていくのが「留学」です。

そんな下心にダイレクトに刺激してくるセブの海。まあ、水着買いますよね。

多分、確実に恋に落ちる!?

これは必然だと思うんだけど皆さんどう思いますか?

セブの留学はほとんどが全てパッケージになっていて、寮生活になる。ただ、寮と言っても日本の高校みたいに堅苦しいものではなく自由度の高いものです。

みんな同じ条件でこの寮で生活をするわけだけど、これはどう考えたって何か起きるでしょうね。︎好きな人できるでしょ絶対!?︎もし半年もいたら何回チャンスが訪れるでしょう?デートで海行くでしょ。

水着買いますよ、これは。

 

で、どの学校にする!?


ここからが本題ですね。

フィリピンには約450もの語学学校があり、セブだけでもその数は60〜70と言われている。

はっきり言って、その中から優れた学校を選択するのは至難の業ですね。さらに卒業者の中でも同じ学校を出たのに、評価は賛否両論と何を信用していいのか分からない。

ただ、無料で行ける「0円留学」を行っているのはセブでも代表的なのは、たったの2校だけ。

0円留学の仕組みは単純で、学校の業務を手伝ってもらう代わりに授業料が無料になるというもの。職人の世界でもよくあるインターン制度みたいなものですね。

美容師の世界でも、美容学校に行く費用と住む場所を用意するから、ウチで働きなさい。といものが存在して、その場合もちろん給料は出ない。

ただ、職人と学校で大きく違うのはその人材が「財産」とはなるか否か。

職人の場合は、その人材が将来成長して「売り上げ」を会社側に還元してくれる。いわば人材への投資だけど、学校の場合は単純に人材の確保にはなるけど、全く儲けは出ません。

だって無料で来た生徒たちは目的を果たせば学校を去るんだから。

これはすごいことだなと思います。

要は、そもそもの学校に資本がないと出来ないのに加えて、若者の推進意欲を汲み取りチャンスを与える素晴らしきプロジェクトだなと思う。

だって、絶対に金銭的な問題で留学できない子なんて腐るほどいますから。僕もワクワクしながら調べまくった!

でもまさかの驚くべき事実にぶちあたったんだです。

 

0円留学は違法性があり、逮捕者まで出てる!?


衝撃的なタイトル。

一体どういうことかというと下記の記事を見てください。

セブ市内にあるコールセンターでフィリピン国家捜査局(以下NBI)は、正規労働ビザなしで働いていた日本人60名以上を逮捕した。NBIのアシスタントディレクターによると、そこで働いていた日本人とJICCは労働に関する法律442条(PD442)に反して業務を行ったとされる。

日系企業であるJapan Intertrade Call Center Corp(JICC)は、ITパーク内のTGUタワーにオフィスを構えていた。NBIからの情報によると、JICCで働いていた日本人は労働局から発行される外国人労働許可証(AEP)の申請がないにも関わらず、移民局から暫定労働許可証を取得していた。
解説:外国人は暫定労働許可証を得る前に、必ず外国人労働許可証(AEP)を取得しなければならない。

労働に関する法律442条の40項により外国人はフィリピン政府労働省(DOLE)から雇用許可証を取得する必要があるとNBIは指摘しました。40項には、「労働目的の全外国人と求職中の在フィリピン外国人は労働局からの許可証が必要である。」と定められている。担当者は「労働局から発行される許可証なしに暫定労働許可証を発行した担当者についても調査の対象とする」と述べた。

参照元:http://phil-portal.com/japanese-call-center-raided/

いやはや。これは問題外ですね。もし事実なら非常に危険です。

でも僕はすぐ、この情報に違和感を覚えた。

このJICCと言う会社は、「0円留学」で一番と言っていいほど有名で実績のある学校、NILSの大元だ。もし、これが事実なら今でも大々的に「0円留学」を広告しているNILSは違法会社って事になる。

NILSのホームページフィリピン政府公式認定 語学学校NILS

 

この、ネガティブなニュースは2015年の事です。

こんな短期間の数年で事件が沈静化して、また同じ事を繰り返そうとするアホな会社がどこにあろうか。

しかも前述した通り、「0円留学」を無理にやる必要はない。

 

これは完全に、「デマ」「誤報」の可能性がある。

あまり知られていないけど、日本では海外ニュースを誤って発信しているマスコミやブロガーが多いです。

昨今ではビットコインのマウントゴックス事件が良い例ですね。あんなバカな誤報がなければ今頃、日本は世界でもトップのビットコインインフラ国だろうに。

話が逸れたけど、要は「情報」の精査は必ず自分で行う癖をつけたほうがいいです。

裏側に自分の利益をひた隠し、他者を批判する者がインターネット上には、うようよいる事を肝に銘じておくべき。

精査を自分で行えば、本当の意味で「納得」できます。

て事で、NILSに電話して調査した。しかも現地で当時、実際に「0円留学」を行っていた人間に直接話を聞きました。

答えは「シロ」

 

しかも、あやふやな事は一切なく完璧に納得できる内容だった。

まず大きな誤報があって、確かに2015年にこのような騒ぎがあったのは事実。しかし、「逮捕された」というのは全くの誤解で、「捜査」でしかない。

悪意ある人間の、状況を利用した情報操作にすぎないって事です。実際に、僕も逮捕者が出たのか現地情報を踏まえて調べたけど、その事実は全くありません。

 

事の発端はフィリピン政府側のお粗末にある。法律上、全く問題のないインターンシップ制度を導入している旨を移民局に申請しているNILS。さらにマニラから正式な認定を受けていているにも関わらず何故、捜査を受けたのか。

 

蓋を開けると、その理由は単純で踏み込んできたのは「労働局」。

移民局側と労働局側は全く別の管轄になっていて、コンタクトが正式な形で行われておらず、NILSが正式に認定を受けている事実を知らずに、勝手に違法性があると思いこんだ労働局のミスが今回の事件の真相とのことでした。

結局、労働局側と移民局側とのコンタクトが取れて全く違法性がない事が証明され、次の日から通常業務に戻ったそう。

日本だと考えられないけど、海外ではよくある話。南米なんてもっとひどい。

気になる人は実際に電話してみるといいです。細かくしっかり経緯も教えてくれるし対応してくれる人達も感じが良かったです。

 

0円留学ならNILSだと思う件


セブで0円留学なら、僕はNILSが好印象です。

もう一校あるけど、そこの情報はあえて割愛します。ぜひ自分で調べてみてください。


 

≫ NILSのホームページはこちら→フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

NILSの「人の良さ」と「政府公認」という証は強力。

対応態度がすこぶる良い。

さらに、電話した時も、現地で0円留学をしている生徒さんが実際に対応してくれたりした。とにかく楽しそうで受話器の向こうで「笑顔」が溢れているのが伝わってきます。そりゃ、その環境で仕事して勉強して恋をしてたら、そうなりますよね。

あとは単純に「大手」という事。

これは僕の主観だけど、資本は絶対的に大切だと思う。有名所はメジャーだからという理由だけで懸念する人が多いけど、それは歌手やアーティストだけの話。

企業になると絶対的に身元や実績が一番だと思う。

NILSはTESDAの認定校で、この「TESDA」は教育校としてカリキュラムから財政に至るまでの細かい審査にパスしている証。驚きなのは、フィリピンの数ある学校で、この認定を受けているのは全体の5パーセントしかないんですって。

仮にフィリピンの450校のうち22校だけという事になる。これはとんでもない話ですね。

 

NILSは大手で有名だから、前述した「捜査」を受けても問題なかったけど実際に認定を受けず、違法でインターンシップ制度を行っている学校も腐るほどあるのは事実。よって「大手」である事は非常に大切なんです。

 

充実したスケジュール

下記は一例だけど、0円留学の生活スケジュール。

土日休みで毎日この生活を無料で送れるなんて贅沢すぎる。滞在期間を約半年として仮定して、この生活を続けたら間違いなく英語は上達するし、肝も座ります。

0円の詳細は以下の通り。

人生の中の6ヶ月なんて、はっきり言ってどうとでも無駄にできる。しかも、その時間の流れるスピードは一瞬だ。

いつも思うけど時間は有限で平等にあるけど、一つの行動で近い将来を劇的に変える事もできる。必要なのは勇気だけ。

 

0円留学まとめ


今回調べていて、NILSは僕の年齢でも行きたいと思える内容、環境でした。

英語ができるという事は人生の深みを増す事ができる。

しかも、運や環境ではなく努力によって、その結果をもたらす事ができる。

 

僕が今回の記事を書きたくなったのは、単に「お金」の部分でこれだけ優遇してくれる学校は他にないと思ったから。これは大きなチャンスで、英語を身につければ「旅をしながら生きる」事も容易になる。

 

特に若い人には、一つの人生の起爆剤として6ヶ月という時間を自分の人生に投資してみるといい。

 

ちなみに『資料請求』や『無料 留学相談』を申し込むと、NILS側から電話がくる。

この時、電話をしてきてくれるスタッフは、今まさに『 0円留学』をしている方だったりするよ。

色々、聞いてみるといいでしょう。

 

皆さんの素晴らしき旅がここから始まりますように。VAMOS!!

≫公式サイトで資料請求はこちら→NILS

ちなみに最近僕がハマっているのがオンライン英会話の無料体験。これも結構オススメだから暇だったら見てみてください。

≫旅に行く前にやっとく?オンラインで英会話