さて今回は、旅人こそ知っておくべき「VALU」について書いていこうと思います。

今話題のVALUとは一体何なのか⁉︎きっと世界の裏側にいる人は知らないと思うけど、イメージとしては、一昔前に大ブームとなった「マネーの虎」のインターネットサービス版みたいなものなんだ。

あなた自身の才能や能力、取り組んでいることに価値を付け、その価値に対してあらゆる人からビットコインで支援してもらう、言わば「個人株式公開取引所」のようなもの。

※ビットコインについては→こちらへGO!

一個人の目標や取り組み、夢へ対して応援資金を募る場所で、さらにその資金はビットコインで行われる。これは面白い!し、旅をしている人なんかには是非知ってもらいたいと思う。

というわけで、話題のVALUを徹底分解。その謎を一つづつ探ってみよう!

 

んでVALUって簡単に言うと何⁉︎

最初に「個人株式公開取引所みたいなものと」って言ったけど、それだけ聞いてピンッとくる人は相当感度が良い。正直、僕は「はい?」っていう感想だった。

ただ、興味があってね。調べれば調べるほどに素晴らしいの一点張り。

皆、こんな風に思った事はありませんか?

「この情熱が誰かお金持ちの人に届けば、きっと協力してくれるのに!」

とか

「このアイデアはやべー!でも金ねーし、一人じゃ無理だ」

はたまた、、

「こんな旅に誰か支援してくんないかな〜。面白いことしてるのに」

 

こういった今まで摘まれなかった、正確に言うと摘みようがなかった発想やアイデア、更には技術や特技を、SNSやインターネット上で告知して、それに対しての応援を募り、夢を現実化させる可能性を生み出してくれるのがVALUなんだ。

もちろん応援とはお金のことで、そのお金はビットコインで支払われる。SNSでの発信は多くの旅人やアーティストが行っているけど、その活動がお金に直結することは、ほんの一握りの話。

でもVALUは、「普通の人」にもそのチャンスを与えてくれる素晴らしく革新的なサービスなんだ。

※VALUを始める準備はこちら→まずはビットコイン口座開設をしよう!

株の単位はVA。その驚異的な破壊力

ここで仮定の話をひとつ。

あなたが新しいお店に食事に行ったとします。

そのお店の料理はとても美味しい。店主も若くキラキラした目を持つ若者です。おまけに同郷ときたもんですから応援したい気持ちが芽生えます。

こんな時、もし彼がVALUに登録して上場しているとしましょう。

すかさず、あなたもVALUにアカウントを作り、簡単に彼のVAを購入し応援する事ができる。

VALUの中では「株」の単位を「VA」という単位で呼んでいて、1VA=1株という考え方です。

この時、店主のVAは一つ0.001BTCだと仮定します。現在のレートに例えると日本円で約500円程度かな。

店主は新しいナイフ類が欲しいとの事だったので、およそ50000円分の彼のVAを購入する事にしました。約100VAと言うことになるね。ようは100株と言うこと。

あなたが彼のVAを購入して支払ったビットコイン50000円分は、そのまま店主のVALUアカウントに入金される。彼はその翌日、ビットコインを利用できるビックカメラで新しいナイフ類を買いました。

これがVALUで行われていることで、実際にVALUで生活している人も出てきてるくらい。

ワクワクするでしょ?旅人は、何かしらの目的を持ってる人がほとんどだから、VALUのこういったシステムとうまく噛み合う部分があると思おう。

更に面白いのはこの後。

店主のお店はその後、大繁盛します。芸能人御用達のお店になりメディアにも頻繁に取り上げられる名店へと成長します。さらにスタッフは増え、お店は数店舗に拡大。日本を代表するお店になりました。

大成功を手にした店主を見ながら、ふと、あなたは思い出しました。

「そういえば彼のVAを買っていたなあ、、、」

あなたはVALUにログインし、総資産額に腰を抜かします。

なんと、あの時購入した一つ500円の店主のバルが、50000円にまで膨れ上がっている。更に、それを100個購入しているあなたは、50000円×100VA=5,000,000円のVAを保有している事になるわけです。

数ヶ月前に応援という名目で投資した50000円は、わずかな期間で5,000,000円にまで膨れ上がりました。

これがVALUの破壊力であり魅力でもある「変動」。仮にこの時にビットコインのレートが上がっていたら、タブルで凄まじい資産の膨れ方をする。これってすごくない?

※VALUを始める準備はこちら→まずはビットコイン口座開設をしよう!

んでVALUは誰が作ったの?

VALUのポテンシャルが分かった上で一体誰が、何の目的でVALUを作ったのか気になるよね。

ビットコインベースのクラウドファンディングは、運営側の実態にプラスして、それに伴った信用性が何よりも重要で、ここは徹底的に調べる必要がある。もしVALUに参加するなら自身の義務でもあり、度々言うけど損をした時も全ての責任は自分にある。

全てを納得した上で参加しよう!

僕の調べたところ、VALUの代表取締役は小川晃平氏。

 

非常にスタイリッシュな方で爽やかな方。
慶應義塾大学大学院のシステムデザイン・マネジメントを卒業されていて後にグリー米国支社に赴任されリードサーバーエンジニアとして活躍されている凄腕。
その後は、フリーランスとして様々な事業を牽引し、さらには幾つかの新規事業を自身で立ち上げている経歴の持ち主との事だね。

ビットコインやブロックチェーン技術を用いて立ち上げたのがAccumBitと言う会社なんだけど、この会社について調べてみても詳細は確認できなかった。どうやら、あの堀江氏も関わっていた会社のようだけど情報が薄すぎる。

 

ふむ。

 

この案件がもし海外物だと情報としてはやや不十分だけど、日本企業として考えた場合は充分かな。あとメディアにも相当、顔を出していて悪さをする程で行っているとは考えにくい。

 

決定的な安心材料としては二つ

①運営者の露出度が明白

②堀江氏(ホリエモン)が参入

 

特に②は、非常に大きい。実際に堀江氏のVALUも上場してるし、ホリエモン自身の SNS等でもVALUについての書き込みが多数、確認できている。名の売れた人間の参入は、下手な企業理念の数倍もの効果を生み出すからね。

 

では肝心のVALUの、理念はと言うと「夢を追いかける人を応援したい!」。

やはりこれが最も優先される理念で、それを可能としたツールがビットコインであり、ブロックチェーン技術との事。

確かに、夢追い人は金銭的に難しい状況の人が多い。そんな人達にきっかけの一歩を作ってあげるためのVALUは活性化することは間違いないだろう。

ただ資金集めが現金では完全に法に触れてしまいそう。その辺はどうなの?

 

 

法的に問題ないの??

これ。僕はめちゃくちゃ気になった。

いくら VALUが投機目的ではないとは言え、完全な無償で投資する人間がこの世にどのくらいいる?

見返りを求めるのは当たり前の思考だし、VALUでは「投機目的」にサービスを使用することを禁止している。

けどはっきり言うけど、利用者からすれば投機目的以外の何者でもない。それは運営側ももちろん分かっているはず。ようは法律に対しての「建て前」にすぎない。

VALUでの最大のリスクは入れたお金が一瞬で消え去る大きな原因になるであろうものの一つ、「法」

これに目をつけられるようなサービスであれば、VALUに参加する事自体が非常にリスキーになる。

今現在、ビットコインは仮想通貨法案によりその価値を「モノ」から「貨幣」として位置付けられている。

ビットコインを決済手段として国が正式に認めたという事で、「怪しい」とか「胡散臭い」とかの次元ではもはやない。今でも、そう思っているのであれば、ある種の危機感を覚えた方がいいと思う。それは完全な時代遅れだ。

※今からでも遅くない!ビットコインを勉強するは→こちら

もうお金としてビットコインは認識され、世の中に猛烈な勢いで出回っている。

このように、お金としてある以上は、金融庁が絡んでくるのは当たり前。更に資金を募るとなると超えなくてはいけない壁が山ほどある。

 

運営が通った9ヶ月

VALU運営側はサービスの展開を決定してから、事あるごとに金融庁に趣き、一つ一つ丁寧に確認しながら構成してきたと言っている。その期間は9ヶ月。

これに関して言えるのは、金融庁側が全てに「OK」を出し容認しているわけではないはずという事。

そもそもビットコインベースのクラウドファンディングは歴史が浅く、法がしっかり!?いや、はっきりと追いつけていないのが現状だから。金融庁側がVALUのようなサービスに対して、完璧に合法ですなんて言うはずがない。

多分だけど、法的には違法ではない。今のところは、、、というレベルではないかなと。

今後、VALUでは様々なトラブルが必ず起きる。
魅力的なサービスの反面、そこには「お金」が絡み、「私欲」が碇のようにVALUに引きづられるから。当然といえば当然だよね。
ほとんどの人間が上場できる仕組みであり、誰でも簡単にお金を集める事ができる。更には、いつでも出資者の許可なく辞める事ができる。言わばトンズラこけるってわけ。

決して批判的な意見ではなくて確実に視野に入れておかなくてはいけない問題だからね。きっと、この記事を読んでVALUを始めようと思う人もいると思う。だけど、浅はかに行うのだけはNG。自分の価値を売るということは、そこに責任とプレッシャーが出ることを忘れないこと。

いや、投資じゃないでしょ?応援だから! で、果たしてあなたは納得できますか?

 

まとめ

まだまだ謎に満ちたVALUの世界。

あなたにとって魅力的なものに映ったかな?

何はともあれ、やってみないとわからない!て事で、次の記事では実際にVALUに登録する方法から、自身の価値の査定はどうされるのかなど、気になる部分をまた記事にしてみます。

ただ、重複するけどVALUを始める前に必ずビットコインの知識をつけておこう。お金欲しさに、枠を飛び越えると必ず事故る。

慎重に的確にね。

※旅人のためのビットコイン勉強講座→こちら