マチュピチュへの経由ポイント、クスコ。インカ帝国として栄え、今も美しいコロニアル都市が残る人気の観光地。

リマとは違ってクスコの治安はさほど悪くないというのは聞いていたので、現地に着いてから宿探しをすると決めていた。今回僕が実際に見て廻ったのは計7件。よくあの高所で廻ったなと今では思うけど、テンションが完全に上がってました。この行動が功を奏し宿は当たりだったので紹介しておきます。ちなみにクスコは世界屈指の観光地のため宿泊代がどこも割高。ドミトリーが一番安く済む。

僕らはあくまで個室に拘ったので、若干クスコでは宿代が弾みました。

CHAKANA HOUSE(チャカナハウス)

欧米人のバックパッカーが多い宿で街の中心地セントロからほど近い。因みに日本人はまずいない。

マチュピチュへはクスコを発着場として行くんだけど、その間メインバックを宿に置かせてくれと頼んだら快く置かせてくれる。しっかり防犯対策もしてくれるので安心だったよ。ちなみに部屋はこんな感じ。

2ベットタイプの部屋が満席だったので、ドミタイプの5ベットある部屋をツイン料金として貸してくれた。嬉しい事にコカ茶も常に飲み放題だし、二階のリビングでは様々なDVDやゲームが無料で楽しめる。

また、スタッフが非常に親切で優しい。

若いけど紳士的で責任感の強いCHAKANAのスタッフ。誤って僕らのタオルを捨ててしまい弁償させてくれと、しつこいくらい言っていた。彼は夜から朝までの担当になる。お昼の担当は女性2人だが皆良い人たちだった。ただ、荷物の預け入れ等は彼に頼む方がいいだろう。しっかり管理してくれるよ。


CHAKANA HOUSE

[料金] ①112ソル(¥3,970)ツイン、バストイレ付。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉可。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。ドミトリーあり。

この宿の予約は→こちら

Tocapu Hotel 

Booking.com出典

チャカナハウスの前に、クスコで宿を探し回っていた時に出会った一件。あいにく満室で宿泊できなかったがホテル自体のデザイン、特筆すべき点はその清潔感だ。妻はここに泊まりたがっていた。

スタッフの雰囲気もよかったし、立地条件もチャカナ程よくはないが悪くはない。しかしながら歩くのが嫌な人には不向き。どこに行くにも多少の時間は要する。その辺を考慮して事前に予約できるならここもオススメ。


Tocapu Hotel 

[料金] ①110ソル(¥3,900)ダブル、バストイレ付。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉は不明。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の予約は→こちら

Kurumi

Hostelworld.com出典

最初に目星を付けていた宿で、一番最初に行ったが満室だった。予約は必須な宿。

立地条件に加えて、スタッフの良さが光る良い宿で、旅人から絶大な人気を誇る。その割に、この界隈でもひときわ良心的な低価格。また、ロケーションが良くWiFi環境もすこぶる良い。

しかしながらこの料金で個室を泊まれるのはクスコでもそうない(写真はデラックスルーム)。何かしらのマイナス要素はあると思う。その辺を考慮して事前に予約できるならここはオススメ中のオススメか。


Kurumi

[料金] ①70ソル(¥2,470)ダブル、バストイレ付あり。※シーズンによってかなり変動。
※値切り交渉は不明。カード可。Wi-Fiあり。お湯ok。朝食有。

この宿の予約は→こちら