マチュピチュの旅の用意!絶対必要なものベスト4!

天空都市マチュピチュ。

この古代遺跡への行き方は様々だけど、僕のオススメは徒歩で目指す冒険コース

マチュピチュへの行き方別の方法はこちら

ということで、マチュピチュ遺跡に行くにあたって必要なものを一挙公開。高度2000mの地で何が必要なのか。

実際に行ってみて、絶対必要なのに忘れがちなものをランキング形式で書いてみます!

第1位

雨ガッパ

これは必ず用意しておいてよかったと思う。

マチュピチュは2000m以上の高所のため、あっという間に天候が変化する。また、早朝に遺跡に行く場合は、朝露で髪の毛が濡れる程の湿気。

この状況下で、めちゃくちゃ重宝するのが雨ガッパ。当初ポンチョとか安いビニールカッパで、十分対応できると思っていたけど、情報を漁るうちに中途半端はバカを見るということに気づいた。

そもそもの考え方を日本と同じに考えることが不自然で、そこは南米。唐突の雨は、凄まじい驚異と化し、体温を奪いテンションを極限まで落としてくる。

よってある程度の雨ガッパは必須。僕も妻も、10000円程度のものを買って利用した。

結果、僕がセレクトしたものは重いのと、豪雨が続いた際に若干の染み込みを感じたので、妻の使ってたコロンビアの雨ガッパをご紹介しておきます。

低コストでナイスクオリティの雨ガッパ。軽くて収納がコンパクト。完璧を目指すならノースフェイスのGore-Texもあり。

Columbiaのレインウェア

これはアマゾンが最安→こちら

 

第2位

ダイアモックス

 

 

 

 

 

高山病予防の必須アイテム。

主に緑内障の治療に使われる物だが、その薬の効能を利用して高山病予防に海外でもよく使われている。僕も実際に服用したけど、ひどい高山病にはならなかった。

マチュピチュへの旅は、高山病との戦いが切っても切り離せない。たとえ、高山病を発症しないタイプの人でも高所へのプレッシャーから呼吸が乱れ、メンタルの不安定さから高山病を発症してしまうケースがよくある。

そんな中、精神的な「お守り」としても利用価値はある。

実際、僕の場合は最初だけ飲んで、その後は自力で高度順応させていった。正直、高山病になると本当に辛いので持っていっていいと思う。

こちらは市販薬はないので、医師の処方箋が必要。       

第3位

日焼け止め

これも必須アイテム。必ず用意したい。

僕は旅中、あんまり「日焼け」に対して無関心だったけど、このマチュピチュの日差しに出会ってから考えが一変した。特に高所は気温はそうでもなくても紫外線量が異常なほど高い。

一緒に同行したアイルランド人のシェーンは肌が真っ赤に腫れ上がり、見るからに痛々しかった。こうなってしまうと、マチュピチュどころじゃなくなってしまうので、「俺は肌なんて気にしねー!」なツワモノなあなたも一つは持っておきたい。

現地のものは遮光度が高くSPF90というものが存在するが、僕はかゆみを生じブツブツが出たので、内容成分に不安があるのは事実。

ということで様々なものを使った結果、国内最強で安心なのはやはりアネッサか。こいつで十分、現地でも対応できた。ただし2〜3時間ごとには塗布していた。

他の国内産SPF50のものは、安ければ安いほど効力は薄かったので注意が必要。どちらにせよ、何か一つは持っていくべき。

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mL

アネッサを最安で買うにはこちら 

第4位

蚊除け

こいつも厄介な問題の一つ。

中南米では、当たり前に生息している蚊だけどコイツは時として殺人鬼と化す。実は南米で最も、死亡被害が多いのはコイツなのをご存知ですか?

黄熱病やマラリア、デング熱。そして近年では小頭症を患う恐れがあるジカウイルスが有名で、その対処には十分すぎるほどの用意が必要だと個人的には思う。

ただしマチュピチュ遺跡自体には、あまり蚊はいない。

マチュピチュへ向かう通称「スタンドバイミーコース」の入り口に、やばいくらいどデカい蚊がウヨウヨしている。テンション高めの白人は、上半身裸になって背中がびっしり蚊に喰われて真っ赤だった。

ここは十分注意したいポイントだけど、ただ、はっきり言って絶対に噛まれると思う。一度は。

しかし、そんな中で一番効力の強かった蚊除けをご紹介。これは現地人や、旅人の間では有名で是非GETしたい代物。このアイテムを使用してからは劇的に蚊に喰われる回数が減った。

様々なサイト等で探したけど、日本からはアマゾンでしか買えない。しかも高額。

現地ではもっと安く手に入るので、その変はご自身のお財布状況と、安心安全に事前にいくら払うかによる。ちなみに現地での価格は約1000円ほどで色はオレンジのものが強力。

③ OFF

日本でOFFを買うには→こちら


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です