※2018/11現在、コインチェックでは新規ユーザーの口座開設を停止しています

ここでは、実際にビットコインを買うための説明をしていきます。

図解付きで分かりやすく書いてるつもりだけど、初めての事だから途中で変につまづいたりすると思う。そんな時は、一つ前の工程に戻ってゆっくり進めてください。

まずは、この口座開設を済ませないと前に進めないからね!頑張ってください。では始めていきましょう!

ビットコイン口座には特別な規制や審査がない

みんな知ってると思うけど銀行とかの口座を開設するとき、住所や氏名など個人を特定する情報がもちろん必要になる。その後口座開設の為の審査をクリアするという流れが最も一般的だけど、ビットコインの口座に関しては基本的にメールアドレスさえあれば、誰でも口座を開設する事ができるんだ。

銀行だと、口座開設の申請を拒否されたり、なんらかの理由で口座を開設できない事もある。だけどビットコイン口座ではそういう事はまずありえないんだ。

そもそも、暗号通貨の概念は中央集権に囚われない金融革命がテーマだから、発展途上国の住所を持たない人々が口座開設をできないと意味がない。

銀行などの様に、口座開設を拒否する人間、すなわち権限を持つ機関がないビットコイン口座はそれを可能としている。

この事からビットコイン口座は非常に匿名性が高く、公平であると言えるんだ。

ただし、これから登録するのはコインチェックという日本の取引所を使います。なぜこの取引所を進めるか理由は以下で述べるけど、基本的に日本の取引所でビットコインの売買をするには防犯上、個人情報の提出が必要になる。

ある意味、安心材料ではあるね。

ちなみに、それを元に審査されるとかそういう事はないから安心してください。前述した通り、誰かに管理される事はないから。

提出すれば、誰でもビットコインの売買ができるようになる。

 

コインチェックでビットコイン口座を開設しよう!

では早速、口座開設の手順を見てみましょう!

ビットコイン取引所は世界各国にあって、その数は数え切れないほどある。それぞれに特徴があるけど、海外の取引所は上級者向けで敷居が高い。というのも、全て英語表記で専門用語になると殺意すら覚えるほど意味が分からない。

あと決定的なのはサポート面。

仮にトラブルが起きたときサポートにメールを送っても、そのレスポンスの悪さは日本人には耐えられないんだ。問い合わせのメールが全く返信されないなんてこともよく起きる。

後々、オススメの海外取引所情報も発信するけど、サポート面で充実してて、説明も丁寧な国内の取引所を今回は使っていきます。

国内の取引所も今では多くなってきた。その中でも群を抜いてオススメできるのが「コインチェック」とういう取引所だよ。

なぜコインチェックかというと多くのアルトコインというものを扱っているからなんだ。アルトコインというのは、ビットコイン以外のコインの事を総称してそう呼ぶもので、コインチェックでは13種類ものコインの売買ができる。

今後、仮想通貨の世界ではビットコイン以外の、有望なアルトコインを所有することが大きな未来を築く。コインチェックで扱うアルトコインは取引量も多く有名な銘柄が多いんだ。

今は何を言ってるか分からないと思うけど、後々この辺は詳しくこみあげ塾で書いていきます。各コインの特徴とか、僕の主観で、これから価値が上がりそうなコイン情報なんかも発信していくつもり。

今現在からでも、その情報に興味がある人はツイッターをフォローして。ちょいちょい呟いてるから。

こみあげのツイッターは→こちらをクリック

アルトコインにも、旅をしながらお金を稼ぐための大きなチャンスが潜んでいる。後々には、みんなも簡単に理解できるようになる。中卒の僕でもできたから!

よって国内の取引所としてはコインチェックがぶっちぎりでオススメだよ。


では、早速コインチェックを利用するために口座を開設します。

① まずコインチェックにアクセスします。下にある「こちらをクリック」を押して本文と照らし合わせながら進めるとスムーズに行えるよ。

コインチェックの口座開設スタート!→こちらをクリック

 

クリックを押すと上記の画面が展開される。

FaceBookアカウントを持っている人は、そのアカウントと連携して即座に口座を開設できます。ただし、アカウントが偽名だったり、虚偽の情報を登録している場合は本人確認ができない可能性があるので注意が必要。

オススメなのは、コインチェックはコインチェックでアカウントを作るべき。というのも万が一、FaceBookのアカウントが乗っ取られたり、何らかの理由でFaceBookのサービスが停止した場合には、コインチェックにログインできなくなる。

よって、ここではメールアドレスとパスワードで登録していきます。
(※メールアドレスはどのデバイスからもアクセスできるものを選択しておくと便利だよ。gmailがもっとも推奨されています)


② では項目欄にメールアドレスとパスワードを入力して、「アカウント作成」をクリックしよう。

 

「アカウント作成」ボタンを押すと、登録したメールアドレス宛にメッセージが届く。

 


③ 登録したメールの受信ボックスを開いて赤丸で囲った部分をクリック。

 

 

これにてコインチェックの口座開設は完了。

前述した通り口座を開設するのは、あっけないほど簡単にできる。さらに、本人確認作業をすることによって日本円でビットコインを買うことが実際にできるようになる。


④ では続いて本人確認作業をしていきましょう。重複するけど、この作業をすることによって実際にビットコインを買うことができるからね。頑張ってください。

口座開設後、ログインしたら下記の画面が展開されるので、緑の「本人確認書類を提出する」をクリックしよう。

 

 


⑤ 「本人確認書類を提出する」をクリックしたら下記の画面が展開される。赤枠にSMS(ショートメール)を受信できる電話番号を入力してください。携帯電話番号ということになるね。

 

 

携帯番号を入力して青いボタンの「SMSを送信する」ボタンを押す。数秒後、コインチェックから6桁の認証番号が送られてきます。それを「認証コード」の欄に入力しよう。

 

 

認証コードを入力したら、「認証する」ボタンをクリックしましょう。認証コードを見失った場合は、SMSの受信ボックスを再度見てみてね。

 

 

 

上記の画面が出たら、第一段階の電話番号認証が終了だよ。

 


⑥続いて同じ画面の、「本人確認」をクリックします。

 

 

すると下記の画面が展開される。

 

各種重要事項を確認後、全ての項目にチェックを入れよう。

最後に「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」ボタンを押すと下記の画面が展開される。

 

 

これで第二段階の各種重要事項の承諾作業が完了です。


⑦最後に同じ画面の「本人確認書類を提出をする」ボタンを押しましょう。

 

表示される全ての項目を埋めよう。この後、IDの提出もあるから IDと同じ個人情報で登録すること。

 

 

 


⑧ では最後に、本人確認のIDを提出します。

顔写真がついているものに限るからね。推奨されているのは免許証。その他、パスポートも使用可能だよ。

 

 

顔写真の写っている面を撮影しよう。光などで文字が飛んだりなど、見にくい箇所があると審査に通らない可能性があるから綺麗に撮影しましょう。

 

免許の裏面も文字がしっかり確認できるように撮影します。

最後に「外国PEPs〜〜」の項目にチェックを入れて、「本人確認書類を提出する」をクリックして全ての作業の終了です。

 

 

以上でコインチェックの口座開設、並びに本人登録が完了だよ。

とりあえず今日はこれにて終了。事項にて、日本円の入金からビットコインの購入方法までを解説します。お風呂に入ってゆっくり寝ましょう!