1万円で買える軽量コンパクトのおすすめカメラ三脚はこれだ!

こんにちは、こみあげです。

今回は三脚です。

VlogやYouTubeなどを始めたら必須アイテムになる三脚。

てことで、今回は持ち運びが楽でさらにお手頃価格の三脚を紹介します。

ではいきましょう!

そもそも本当に三脚って必要なの?

カメラを始めた当初。

『三脚?んなもんいらないよ、、』と思っていた僕も、今や三脚をどこにでも連れて行くほど頼っています。

例えばVlogで商品レビューなんかをするときに自分を撮るためには必ず必要になってきます。あとは、暗い場所での撮影時には光を多く必要とするためシャッタースピードを遅くしますが、その際、三脚がないとブレブレの映像になってしまいます。

ということで、三脚は今や動画撮影には必要不可欠なアイテムです。

ヴァンガードVEO2 204ABというトラベル三脚

ではオススメの三脚です。

三脚って材質がカーボン製でとにかく丈夫で耐荷重が多いものは平気で3~4万円します。正直、そこまでお金かける気になれない人も多いでしょう。僕もそうです。

でも、大切なカメラを載せるものですから中途半端なものじゃ困る。ってことで、結局行き着いたのがこのヴァンガードVEO2 204ABという三脚です。

約40センチの収納が可能

こいつが最も誇れるポイントは何と言っても、この収納コンパクト感。

わずか1.2キロで40センチにまで縮小できます。

つまり40ℓ程度のザックに簡単にしのばせれるわけです。

再度バンドが付いているザックなら縛り付けて、よりスペースを要さずに持ち運べる。

この機動性が決め手で僕はこいつを愛用しています。

 

耐荷重と最伸長

あとは軽くてコンパクトなのに、それを感じさせない『しっかり感』

使ってみると分かるけど、モノがちゃんとしてる。

耐荷重は4㎏ですから、一眼レフによっぽど重いレンズをつけてもせいぜい2㎏です。十分支えてくれます。

また、コンパクトなくせに伸縮性が高い。

一番低くてこんな感じ(ジョイント変換時)

 

で、一番足を伸ばした状態がこんな感じ。

 

四段階で足の伸縮ができるので、どんなシーンでも非常に扱いやすいです。

 

費用対効果はどう?

で最後はやっぱり『値段』

こいつは約一万円くらいで購入できる。

≫ヨドバシオンラインショップ

正直、カーボン製に劣る部分はいくつかあるけど、そこまでの差ははっきり言って感じません。

それよりもこの軽さと安さを考えると、僕は買いだなと思う商品の1つですね。

ただし、強風の中では僕も使ったことがないので未知です。その辺は気をつけてください。

登山やトラベルには、今の所コイツがベストかなと思う。

ただ三脚は、実物を絶対一回触ったほうがいいです。ネット購入だと、届いたとき思っていたよりも意外と重く感じたりするものです。

できれば量販店なんか店員さんに相談しながら買うといいですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です