車の屋根にルーフバルコニーをdiyして作ることは可能?キャンピングカー改造計画!

こんにちは、こみあげです。

さて今回の記事も前回に続き、やりたい願望が果たして形になるのかをリサーチして考察します!

ではいきましょう。

キャンピングカーの屋根にルーフバルコニーを作りたい!

はい。

どうでしょう、この題名。男なら誰しもがそそると思うのです。

『車の屋根につけたルーフバルコニーで家族三人、寝転んで沈む夕日を眺めたい』

これができたら最高なはずです。

車の屋根にルーフバルコニー?流石にこんなバカなこと考える奴はいないでしょ!と思いきやいるんですね〜。

参照:van boy life

やはり世界は広し!アイデンティティに満ちている。

てことで、屋根にルーフバルコニーを作るための最善を探ります。

 

軽く丈夫な素材を探す

僕の家族は大人2人に1歳児の娘。

3人合わせた総体重は娘が成長することも考えて150㎏はみておきたい。

そう考えると、ある程度屈強な骨組みが必要です。

とっさに頭によぎるのは鉄パイプ。

『鉄か、、溶接能力の乏しい僕にとってはかなりの難関です』

てっことで、何もdiyしなくて良いわけで、完成品のルーフラックを探しました。

3人で寝転びたいですからね。理想はこんな感じ。

参照:車屋さんの修理記録簿

これ良い。

ただ当たり前に値段が高い。約30万円ですって。車体60万で買ってラック30万て馬鹿げてる。

もっと安いのもありましたが、パッとしないし、費用対効果考えるとやはり完成品は除外ですね。

さて、どうしたものか。

発想自体をリセットして、『鉄素材』を考え直す。よく考えたら重すぎるんですよね。ただでさえ燃費の悪いキャンピングカーに巨大な鉄製のルーフラックは、適正ではないです。

んで探し当てたのがこれ。

安価で丈夫なイレクター素材

イレクター素材。

参照:Diy-Life

もうこれしかない!という感じですね。

スチールパイプにプラスチックをコーティングした材質で、軽くて安い。プラスして錆びにくいそうなので、成功すればキャンピングルーフには最適ぽい。

 

僕のキャンピングは全長618㎝

イメージとしてはこんな感じで取り付けたいわけです。

全長180×全幅180のルーフバルコニー。

果たして総体重150キロの人間3人を寝転ばすだけの強度が保てるのか。

検証しました。

 

強度

参照:Diy-Life

上の画像の通りなら全長90×全幅45の長方形の枠で200㎏を支えられるという感じです。

てことは、この枠を8つ繋げれば総体重150キロを余裕で支えられるルーフバルコニーが完成するはず。

どうでしょう?これだったら強度は申し分ないと思います。

重さ

続いて重さ。

この設計状態でどのくらいの重量なのか計算しました。

イレクターパイプは1mで約520g。

全長90×全幅45の長方形の枠を作るのに、、、

90㎝パイプ×2=936g
45㎝パイプ×2=468g

パイプとパイプを繋げるプラスチックジョイントが1つ50gとして4つ必要なので、、、

50×4=200g
計 1,604g

となります。

ただ、セクション部分のパイプは一本になるので、実質は90㎝パイプ×10と45㎝パイプ×12となります。

 

それらを考慮した、総重量は8.23㎏!

10㎏いかない!ダンベルレベルです。これはアホみたいに軽いですね。ナイス!

値段

では気になるお値段。今回は、Diy-Lifeの商品を参考にさせていただきました。

90㎝パイプ×10=¥4,000
45㎝パイプ×12=¥2,460
ジョイント×15=¥3,000
計 ¥9,460

きましたね。ルーフラックをdiyすれば実質一万円以下で作れます。

これは調べた甲斐がありました。

 

まとめ

今回の記事は、アホみたいな寝床作りではなく、単純に荷物置きのルーフラック作りにも応用できそうですね。

ちなみに僕はこの枠の上にマットレスを置く予定ですね。

実際に作り出したら色々な障害があるんでしょうけど、diyはそれが面白いですよね。

今回も最後までありがとうございます。ではまたお会いしましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です