音楽の街サンティアゴデクーバへ行こう!行き方を比較してみる

サンティアゴデクーバ。

この街はキューバの東に位置している街で、その昔はハバナに変わる『首都』だった街。

キューバへ赴く際に、必ずと言っていいほど勧められる街なのがこのサンティアゴデクーバで、どうしても行きたかったんだ。

んで実際に行ってみて、いい意味で『期待を裏切られた』

正直、キューバ国内に滞在した中で一番刺激的な時間を過ごしたのは間違いない。

今回はこのサンティアゴデクーバでの旅について書いていきます。

ハバナからサンティアゴデクーバへの行き方は?


前述した通り、サンティアゴデクーバはキューバ国内の東に位置する。

まあ見るからに、えらい遠いわけです。

だから行ける人は限られてくると思うけど、僕的にはハバナでの時間を削ってでも行く価値がある街だと断言できる。

その理由は後述するとして、まず行き方から。

方法としては3つある。

 

飛行機で行く方法


http://www.cubana.cu/schedule参照

ハバナからサンティアゴデクーバまでは、約880km。

これは東京から北海道の美唄くらいまでの距離になるため、普通に考えれば飛行機で行くのが当然と言える。

飛行機で行くメリット

飛行機を使うメリットは移動時間のほかにない。

時間にして約1時間半〜2時間程度。この路線は国営の『クバーナ航空』を使う。

飛行機で行くデメリット

このデメリット部分は実は多い。

①料金が割高=これはもうしょうがないけど、他の行き方より圧倒的に高い。目安は15000円〜20000円程度。

②クバーナ航空の信頼度=割と事故が多いクバーナ航空。飛行中に煙が出たとか座席の釘が外れているとか、穏やかじゃない噂を耳にする。飛行機嫌いの僕としては死活問題。

ただし、実際に乗った人の話では『普通』だったとの意見が多い。悪い噂が多かったのはずいぶん昔ではある。

③予約方法がややこしいキューバ国内の航空券は理由はわからないけどスカイスキャナー等で取りにくい。よって、クバーナ航空のホームページから予約することになるけど、これが以上にめんどい。

スペイン語か英語表記に加えて、サーバーが弱く取得するのにやたらとストレスを抱える。


★クバーナ航空の予約は→こちら
★キューバの予約サイト→こちら

※どちらも『Error』と出る場合は満席。

 

バスで行く方法


これがもっともメジャーで利用者が多い方法。利用するバス会社はキューバ国内の長距離バス代表『Viazul』

僕も実際にこの方法でサンティアゴデクーバまで行きました。

ではメリット、デメリットを。

バスで行くメリット

①安全性=『キューバ国内で』という条件付きなら、このバスが一番安全。車体も比較的新しく、運転も荒くない。実質、キューバ国内では一番信頼がおける移動方法。

また、ツーリスト専用なので強盗や盗難に合う確率はかなり低い。

②キューバ国内全土をカバー=このViazulならキューバ国内、ほとんど行ける。これは大きな利点で、ツーリストにはもってこいのバス。

③値段は許せる範囲=例として、ハバナからサンティアゴデクーバまでは51ドル(¥5700ほど)

その他、各地への料金や運行時間は→こちら

バスで行くデメリット

①長時間=これは東京から北海道までを、バスで行くと考えてみるとイメージしやすいかな。かなり長い旅になる。

ハバナからサンティアゴデクーバまでは約16時間30分。

時間がない人には論外な時間。ちなみに目的地までは8〜10回ほどの休憩があり食事などは事足りる。

②ひたすら寒い=もうこれは有名だけど、なんでこんな寒いのって感じ。中南米の長距離バスはお決まりの『社内冷蔵庫現象』

暖を取れる格好をするか、寝袋を持ち込みましょう。


バス会社VIAZULの予約は→こちら

★予約方法はトップページから『行き先』と『目的地』を入力して『SEARCH』をクリック。

 

カミオンで行く方法


スペイン語で『トラック』という意味で、その名の通りトラックをバスに改造したもの。

旅人の中では有名な乗り物で、意外と利用者も多い。

カミオンで行くメリット

①ひたすら安い=目立つメリットはこれのみ。ハバナからサンティアゴデクーバまでは約10〜12クック(¥1200)

②旅人スキルの向上=どうやらカミオンで移動すると旅人たちからリスペクトされるそう。それくらい過酷ということでしょう。

カミオンで行くデメリット

①快適さ無縁。いわば修行か=乗る車種は当たり外れがあり、その時のタイミングで決まる。

割と普通のものもあれば、家畜を載せるなみのものもある。

②出発時間は曖昧=乗り合いバス的な要素があるカミオン。

乗車する人間が十分に集まってから発車するため、時間に余裕がある人向け。

③行き先が変わる=これも僕がカミオンを断念した理由の一つで、目的地の手前で降ろされたり違う停留所に行くこともあるらしい。その場合の時間のロスとお金を天秤にかけた時、僕は迷わずViazulにした。


★カミオンのターミナルの探し方

MAPS.MEで『Villanueva』で検索。

関連記事→maps.meの使い方


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です